PR

DevOpsをうまく回すためには何が必要? ツール選びの3カ条とは?

2022年6月10日(金)
Think IT編集部

業界や規模を問わず、あらゆる企業にデジタル化が求められる中、ITベンチャーを中心に発展してきた「DevOps」が一般企業にも浸透し始めている。

言うまでもなく、DevOpsとは開発と運用を緊密に連携させる開発手法であり、それによりもたらされる開発スピードの向上は、顧客ニーズやビジネス環境の変化に素早く対応することが求められるDXの文脈とは切っても切り離せないものとなりつつある。

一方、海外に比べIT人材の割合が少ないとされる日本の一般企業では、DevOps以前にIT内製化をどう進めるかが問題だとする向きもある。だが、IT人材が少ない企業こそ、IT内製化にはDevOpsを前提に取り組むべきだ。なぜなら、各種ツールの自動化機能により、開発担当者や運用担当者の工数を削減し、負荷を下げるDevOpsは、IT人材の拡充が難しい企業にとって福音ともなるからだ。

では、一般企業がDevOpsに取り組む際の道具立てはどうあるべきか。一般企業のソリューション選定の基準は、IT企業のそれとは違う視点が必要になるだろう。

Think IT特別編集号の本小冊子「DevOps完全ガイド 2022 Vol.1」では、企業がDX、ひいてはDevOpsに取り組むべき理由から、DevOpsのソリューション選定で欠かせない視点までを詳しく解説する。具体的には、以下の3つの角度から、ソリューションの評価を行うべきである。

  1. 開発の生産性を最大化できるか
  2. 開発の生産性向上とセキュリティ強化が両立できるか
  3. 運用の効率性は担保できるか

また、本小冊子では、設立以来のDevOps先進企業であるLINE株式会社の取り組みを紹介する事例や、上記の選定基準に合致するソリューションも掲載している。これからDevOpsに取り組む企業の担当者は、ぜひご一読いただきたい。また、すでに導入を進めている企業の担当者は、本小冊子を読むことで自社の取り組みの方向性をチェックすることができるだろう。本小冊子は無料でダウンロードできる。

Think IT特別編集号「DevOps完全ガイド 2022 Vol.1」

Think IT特別編集号「DevOps完全ガイド 2022 Vol.1」を
Impress Business Libraryからダウンロード!

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。クラウドネイティブ技術に特化したビジネスセミナーや、Think ITと読者、著者の3者をつなぐコミュニティづくりのための勉強会「Think IT+α勉強会」、Web連載記事の書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

また、エンジニアの独立・起業、移住など多様化する「働き方」や「ITで社会課題を解決する」等をテーマに、世の中のさまざまな取り組みにも注目し、解説記事や取材記事も積極的に公開しています。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています