PR

複数のNICを設定しよう!

2008年5月30日(金)
古賀 政純

設定ファイルの生成と確認

 まずは、YaSTを使って設定の雛形となるifcg-eth-id-XXファイルを生成していきます。

# yast network

 YaSTですべてのNICに対してIPアドレスなし(None Address Setup)の状態で設定していきます。

 ブレードの場合は、リモートからの接続が切れても操作できるように、iLO2などのリモート管理コンソール経由で操作することをお勧めします。もしiLO2経由で設定しない場合は、ブレードに接続できる一時的なIPアドレスを割り振って、リモートからSSH接続などが可能な状態にしておいてください。

 次に、先ほど作成したネットワークインターフェースの設定ファイルであるifcfg-XXXが生成されているか確認しています。確認はリスト1のようになります。

 また、オリジナルの設定ファイルをバックアップしておきましょう(リスト2)。

オンボードNICと追加NICのethXの対応を確認

 それでは、オンボードNICと追加NICのethXの対応を確認していきましょう。確認方法はリスト3のようになります。

 また、現在のethXとMACアドレスの対応を確認しましょう(リスト4)。次にNIC1にeth0、NIC2にeth1を割り当てるように修正していきます。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 プリセールス統括本部 ソリューションセンター OSS・Linux担当 シニアITスペシャリスト

兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバーのSE及びスーパーコンピューターの並列計算プログラミング講師を担当。科学技術計算サーバーのSI経験も持つ。2005年、大手製造業向けLinuxサーバー提案で日本HP社長賞受賞。2006年、米国HPからLinux技術の伝道師に与えられる「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。日本HPプリセールスMVPを4度受賞。現在は、Linux、FreeBSD、Hadoop等のOSSを駆使したスケールアウト型サーバー基盤のプリセールスSE、技術検証、技術文書執筆を担当。日本HPのオープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストとして講演活動も行っている。Red Hat Certified Engineer、Red Hat Certified Virtualization Administrator、Novell Certified Linux Professional、EXIN Cloud Computing Foundation Certificate、HP Accredited Systems Engineer Cloud Architect、Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack、Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoop認定技術者。HP公式ブログ執筆者。趣味はレーシングカートとビリヤード

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています