PR

FreeNASでストレージ専用機の構築

2008年6月24日(火)
松下 享平

ソフトウェアRAIDとCIFSサーバ

 ソフトウェアRAIDによるミラーリング構築と、SambaによるCIFSサーバの起動は、Web管理画面を利用するとあっけないほど簡単にできてしまう。ユーザガイドにもスクリーンショット付きで詳細に説明されているが、手順を簡単に紹介する。

 まずディスク構成は、左のメニューの「Disks → Management」で行う。構成のポイントは、「Preformatted file system」を「Software RAID」にすることだ。こうすることで、次のメニューである「Disks → Software RAID」で構成が可能だ。Software RAIDでは、「RAID 1」タブでミラーリングを行うディスクを選択する。Raid Nameは「raid1」など、わかりやすい名前でよいだろう。

 次はフォーマットだ。「Disks → Format」で先ほど構成したraid1を選択し、UFSでフォーマットする。最後はマウントポイントだ。「Disks → Mount Point」の中のNameが、/mnt/NAMEにマウントされることになる。

 以上でディスクの構成は終了、次はCIFSサーバだ。

 「Services → CIFS/SMB」を開く。まず「Enable」にチェックを付け、「Save and Restart」をする。これでCIFSサーバは起動した。「Share」タブをクリックし、共有フォルダを追加する作業を行う。Pathの指定にはブラウズボタンもあるため、初心者でも迷うことなく利用可能ではないだろうか。

 以上、かなり駆け足だったが、FreeNASによるCIFSサーバの構築手順を紹介した。FreeNASはCIFSだけでなく、FTP、NFS、iSCSI、ssh、rsyncなど多様なプロトコルに対応している。また、ユーザ管理やアクセス制御も可能なので、部門サーバとしてだけでなく、急きょファイルサーバが必要になったときなどには役に立つはずだ。

連載を終えるにあたって

 本連載では、大まかなサーバOSの種別と選定方法、汎用サーバOSとアプライアンスOSによる実際の構築を紹介してきた。

 アプリケーションやハードウェアに比べ、OSは地味な存在で、地味であるが故に軽視されがちである。しかし、OSをないがしろにしてしまっては、せっかくのアプリケーションやハードウェアを有効活用することは望めない。アプリケーションやハードウェアを生かすも殺すも、OS次第なのである。

 限られた制約の中で、最適なOSを選択することは、優れたシステム構築の第一歩であり、SEやSIの腕の見せ所だ。ここで誤った選択を行うと、後々まで苦労することになる。OSに限った話ではないが、あらゆるプロダクトに触れることは、自身の技術力の底上げにつながり、ひいてはシステム設計の幅を広げることが可能となる。

 昔は商用だったサーバOSや高機能な仮想環境が、いまは無償で手に入る時代である。学習は今すぐにでもはじめられる。読者には、本連載記事によってOSの重要性を再認識し、いままで扱ったことのないOSへチャレンジするきっかけとしてもらえれば幸いである。

ぷらっとホーム株式会社
1978年静岡生。ぷらっとホームオンライン事業室室長。EC事業運営を指揮。学生時代よりISP立ち上げなど情報インフラ構築事業に関わる。ぷらっとホーム入社後、基幹システム再構築プロジェクトの技術主任を経て、情報システム課でシステムやセキュリティのトータルデザイン指揮、のち2008年に現ポジションに着任。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています