PR

スクロールで変化するバナーの作り方

2009年2月10日(火)
山田 宏道

Flashのウィンドウ内座標を取得する!

 ではPrototype.jsを使い、FlashのあるHTML要素の位置の取得していきます。本記事では、これから作成する「バナーのある位置を取得する関数」を「getBannerY()」と名付けました。

 バナーのあるHTML要素は、

と定義されているので、次のようなコードで取得することが可能です。

var banner = $('skyscraper_banner_left');

 このHTML要素のページ内での左上からの位置を取得するには、Positionクラスの「cumulativeOffset」というメソッドを呼び出します。これは「指定HTML要素の左端からのピクセル位置、上端からのピクセル位置」をまとめた配列を返すメソッドです。

var cumulative = Position.cumulativeOffset( banner );

 次に、Positionクラスの「realOffset」というメソッドでウィンドウをスクロールさせたときのスクロール量を取得します。このメソッドが返す値は、「指定HTML要素の横方向のピクセルスクロール量、縦方向のピクセルスクロール量」となります。

var real = Position.realOffset( banner );

 realOffsetの縦方向のピクセルスクロール量は、上端にあるとき0となり、下方向にスクロールさせると増加していきますので、「bannerのブラウザウィンドウ内での相対Y座標(ピクセル)」は次のようになります。

( cumulative[1] - real[1] )

 以上をまとめたコードを、図2-1に示します。

Flashバナーの完成

 FlashはExternalInterfaceクラスを使ってJavaScriptと情報のやりとりを行えます。ExternalInterfaceクラスを使うと、JavaScriptで定義した関数を呼び出したり、JavaScriptからFlashの関数を呼び出すことが可能です。今回もこの機能を使い、前項で作成したJavaScriptの関数を呼び出すことにします。

 ExternalInterfaceの使い方は非常に簡単で、swfが貼り付けられているHTMLでJavaScript関数が使えるように読み込まれているという状態にして、Flash側では以下のようなコードを書くだけです。


import flash.external.ExternalInterface;// ライブラリ読み込み.
var offsetY:Number = ExternalInterface.call( “getBannerY” );// JavaScript関数からバナーのY座標を読み込みます.

 このようにして設定した変数offsetYを、液面のマスクとして用いるムービークリップインスタンスの座標に代入すると、スクロールに合わせてマスクが移動します。

 また、今回は使用しませんが、ExternalInterfaceには、Flash側の関数をJavaScriptから呼び出して使うことができる「addCallback」というメソッドも用意されています。このメソッドを図2-2に図示しておきます。ExternalInterfaceなどのような外部のJavaScriptを用いれば、Flashバナーの表現力はさらに広がると思います。その表現力は、まだまだ未知数であると言えるのではないでしょうか。

1975年生まれ。千葉大学工学部卒業。ゲームプログラマーを経て、2004年よりフリーランスになり、必要に応じてさまざまなプログラム言語をつまみ食い。ActionScript 3.0になってからFlashに未来を感じ、Web関連を中心に仕事を承り中。 http://d.hatena.ne.jp/octech/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています