PR

JSONを使ってみよう!

2008年5月19日(月)
竹添 直樹

JSONを使ったAjaxアプリケーション

前回はJSONの概要と記法、そしてJavaScriptでの利用方法について説明しました。連載2回目となる今回はAjaxアプリケーションでのJSONの利用方法を、サンプルを作成しながら紹介していきます。

なお、本記事のサンプルを実行するにはApacheなどのWebサーバが必要になります。また、本記事の後半ではPHPを用いた動的なJSONの生成方法にも触れますので、Apache上でPHPが利用できる環境を用意してください。環境の構築方法については割愛します。

prototype.jsについて

prototype.js(http://www.prototypejs.org/)はさまざまなJavaScriptライブラリの中でも最も初期に登場したもので、多くのAjaxアプリケーションで利用されています。

DOMの操作などAjax以外にも便利な機能を備えています。ここではprototype.jsが提供するAPIの中でJSONを扱うためのものを簡単に紹介しておきます。

「String#evalJSON()」は、prototype.jsによって文字列(String)オブジェクトに追加されるメソッドで、JSON形式の文字列をJavaScriptオブジェクトに変換するためのものです。Ajaxアプリケーションでは、サーバから取得したJSONをこのメソッドを用いて、JavaScriptに変換するとよいでしょう。

「Object#toJSON()」は、同じくprototype.jsによってすべてのオブジェクトに追加されるメソッドです。こちらはevalJSON()メソッドは反対に、オブジェクトをJSON形式の文字列に変換します。

上記のメソッドの使用例は図1を参照してください。また、prototype.jsのより詳細な情報については「JavaScriptを洗練させるPrototype.js」などを参照してください。

Think IT会員限定特典
  • 「JSONを使ってみよう!」サンプルプログラム

NTTデータ先端技術株式会社
NTTデータ先端技術に勤めるしがないプログラマ。最近はOSS、アジャイルをキーワードに活動しつつ、余暇を利用して書籍の執筆などを行っている。著書に独習JavaScript(共著、翔泳社刊)など。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています