PR

三つどもえ異種OS通信・共有大決戦!

2008年6月27日(金)
のに子

NFS共有に挑戦

 さて、一番Windowsらしくない機能としてまずNFS共有をやってしまいましょう。めんどくさいことを先に片付ける、夏休みの宿題も大掃除も人間それが基本です。と思ったらこれが思いのほか簡単でした。

 NFSの元祖であるSolaris系ホストSun Blade 2000で、例えば「/export/home/nfs」というフォルダを共有可に設定しておきます。最近はコレ、バンドルされてる「Webmin(日本語サイトhttp://jp.webmin.com/)」で簡単にできちゃいます。

 SLESだって負けちゃあいません。SUSE系の必殺設定技「YaST(http://www.thinkit.co.jp/article/63/2/)」でNFSフォルダを開業。例えば「/srv/nfs」というフォルダを共有可に設定します。なおUNIX系両先輩側の設定の詳細は、別途専門文書を参考にオネガイします。

「コンピュータ」からUNIXのフォルダが見られる

 さてWindows側ではと言うと、NFSクライアントはWindowsの機能ですから、GUIでイケるんです。「コントロールパネル」の「プログラム」で「Windowsの機能の有効化無効化」。

 「NFSサービス 管理ツール」も有効化しておくと、詳細な設定や日本語のヘルプがガンスカ使えます。

 Windowsではリモートの共有フォルダは、そのへんのフォルダじゃなくて、ネットワークドライブとしてマウントします。ZとかYドライブになるのです。

 このマウント作業だけは地道にコマンドでやります。ただし、SUAのシェルではなくWindowsのWindowsによるWindowsのためのコマンドプロンプト。

 管理者として実行、Zドライブに載せたいなら「mount(空白) blade2000:/export/home/nfs (空白)Z:」と打ちます。

 「mount」とやればNFSとわかってくれます。ドライブ文字にはくれぐれもチョメチョメ(:)を忘れません。ドライブ文字にこだわらないなら、チョメ無しの「*」。

 そしたらあとは得意のGUIです。いつもの「コンピュータ」でドライブ一覧を見れば、いつもの「Cドライブ」などとともに、「ネットワークドライブ」のアイコンを冠したNFS共有フォルダが!

 ただし、同じNFSフォルダ内でも、UNIX側で置いたファイルやフォルダに、Windows側からはすぐにはさわれません。

 これは、UNIXとWindowsのユーザに関連がないからです。名前だけ同じにしてもダメー。Windows側で、両者を関連付ける「パスワード同期」の機能が必要なんですが、残念ながらコレ、Vistaにはありません(Windows Server 2003 R2以降かSFU3.5)。

 でも、共有したいサブフォルダやファイルにそれぞれ、誰もが使えるアクセス権を設定してやれば、ちょいめんどくさいけどVista一本でやってけます。

本名・清水美樹。「パソコンはたしなむ程度」から、36歳主婦業に転じ、以来8年間コンピュータを独学。マンガは小学校から。三者の進捗状況は夫によると「同レベルだな」。以前の専攻は選鉱学(いやマジで)・素材工学で、実験一筋。執筆業は読者投稿から。得意分野はこれでもかというほど簡単な入門書。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています