PR
連載 :
  Flash×AIR

AIR 1.1日本語版登場!

2008年6月27日(金)
小坂 武史

PLUSLU Media/PLUSLU Business

 弊社でも、AIR 1.1のリリースに合わせ、これまで、βプログラムであったサービス「PLUSLU Media/PLUSLU Business」を正式に開始しました。

 AIRのPUSH機能を活用し、「新たなPush Mediaの創造」をコンセプトに開発した、リッチデスクトップアプリケーションのプラットフォームで、Webアプリケーションと既存のアプリケーションの補完関係をつくるという意の「情報をプラスする」が語源です。

 「PLUSLU Media」では、専用のポータルサイト(http://www.pluslu.jp/)を開設し、アプリケーションのダウンロードとAdobe AIRならびにPLUSLUの情報提供を行っていきます。将来、広告代理店などとの協業にて、広告モデルとしての展開も予定しています。

 「PLUSLU Business」では、内部統制、情報セキュリティ対応の一環として、社内イントラネットにて全社員への情報伝達徹底ツール、あるいは多拠点、支社などへ動画やPDFドキュメントを用いての社内研修、教育、代理店トレーニングなどとしての利用など、各企業の個別のニーズにカスタマイズして対応しています。

 サービスのリリースを見ていただいた企業から、多くのお問い合わせもいただて、うれしい限りですが、すでに大手企業の導入も決定し、現在、既存システムとの連携を行っているところです。

 このように今後が期待できるAdobe AIRで、読者の皆さんも、アイデアを膨らまし、アプリケーションを制作すれば、きっと活躍の機会も広がるでしょう。

 さて、このAdobe AIRですが、今後、どのように進化していくのでしょうか。

今後のAIR

 今後のAdobe AIRについて、その将来像をアドビ システムズ社の轟氏にお聞きしました。

 AIRは、今後のAdobeのRIA戦略の中心にあり、「さらに表現力豊かなRIAへ」というキーワードで展開していきます。大きなポイントとしては「FlashPlayer10を搭載する」「2009年 次期AIR公開予定」「Open Screen Projectに参加」の3つをあげていました。

 また、弊社としても注目しているのが、「Flash Player 10対応」と「Linux版の登場」についてです。

 Flash Player 10では、3Dアニメーションのサポートの向上、ビデオハードウェアによるアクセラレーションといった改良が施されており、AIRの表現の幅がさらに広がると思うと非常に楽しみです。

 Linux版は2008年後半に登場する予定で、これにより、デジタルサイネージなどのPC以外へのデバイスへの展開に拍車がかかると思います。弊社も「Open Screen Project」に賛同しており、すでに携帯とPCの連携を進めています。

 いかがでしたでしょうか。今回の特集では、AIR 1.1日本語対応版の発表もあり、ホットな情報を読者の皆さんにお届けできたかと思います。これが皆さんのAIRアプリケーション制作のきっかけになればうれしい限りです。

株式会社ティーケーラボ
代表取締役。日本初商用インターネットプロバイダー、デジタル系デザイン会社を経て、2002年に会社設立。「ひとにやさしいデジタル」の創造をコンセプトに、ユーザビリティ、ユーザインターフェース、マルチプラットフォームに拘り、プロジェクトを展開している。6月より、新規事業として、AIRサービス「PLUSLU Media / PLUSLU Business」を開始。http://www.tk-lab.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています