PR

米MSがOSSネットワークソフトを発表、HBaseのSQLレイヤー「Apache Phoenix 4.7」を公開、ほか

2016年3月18日(金)
吉田 行男
米国マイクロソフト社は9日、米国アリスタネットワークス社らと開発したOSSのネットワークソフトウェア「SONiC」をOCPに提案したと発表しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

今週も相変わらず寒暖の差が激しい1週間でしたが、確実に春に向かっているようです。この週末の3連休には桜の開花する地域も出始めるようで、いよいよ桜前線がスタートします。満開は3月末から4月はじめということで、お花見の計画はお早めに!

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

米マイクロソフト、オープンソースのネットワークソフトウェアを発表

米国マイクロソフト社は9日、Open Compute Project(OCP)の「Open Compute Summit 2016」で、米国アリスタネットワークス社、米国ブロードコム社、米国デル社、米国メラノックス社とともに開発したオープンソースのネットワークソフトウェア、「SONiC(Software for Open Networking in the Cloud)」をOCPに提案したと発表しました。SONiCは、Debian Linuxをベースに開発されたOpen Network Linux(ONL)との組み合わせにより、フル機能のレイヤ2/レイヤ3スイッチとしての機能を備えたオープンソースのネットワークOSです。

(参照記事:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1603/10/news074.html

NoSQLストア上でSQLクエリを動かす「Apache Phoenix 4.7」リリース

「Apache HBase」上のSQLレイヤー「Apache Phoenix」開発チームは11日、最新版となる「Apache Phoenix 4.7.0」を公開しました。ACIDトランザクションのサポートがベータ版機能として加わっています。Apache Phoenixは「Apache HBase」などのNoSQLストアでリレーショナルデータベース機能を提供するソフトウェアです。これを利用してNoSQLデータストア上でSQLクエリを動かすことができます。

(参照記事:https://osdn.jp/magazine/16/03/14/142000

次世代SQLデータベースのCrateが$4Mのシード資金を調達、
コンテナ環境との相性が売り

2014年のTechCrunch Disrupt Europe startup Battlefieldで優勝した米国Crate社が14日、オープンソースのSQLデータベース技術に対する400万ドルのシード資金を獲得したことを発表しました。このラウンドをリードしたのはロンドンのDawn Capitalで、これに既存の投資家Sunstone Capital, DFJ Esprit, およびSpeedinvestが参加しました。さらにDockerコンテナの原作者でDocker,Inc.のファウンダー&CTOのSolomon Hykes氏も投資に加わりました。Hykes氏は当日の発表声明で“マスターがないシンプルなCrateのアーキテクチャはコンテナ環境に完全にマッチする。マイクロサービスパラダイムを採用するデベロッパーが今後増えるのに伴い、広くデプロイされることを期待している”と述べています。

(参照記事:http://jp.techcrunch.com/2016/03/15/20160315crate-raises-4m-seed-round-for-its-next-gen-sql-database/

Kubernetesの開発主体がCloud Native Computing Foundationへ正式に移管

米国Linux Foundationの協業プロジェクトで、クラウドネイティブなアプリケーションやサービスの開発促進に取り組むCloud Native Computing Foundation(CNCF)は10日、Kubernetesの知的所有権を譲り受け、同団体の最初の開発プロジェクトに設定したことを発表しました。CNCFはDockerやCoreOS、Red Hat、Google、IBM、Mesosphere、シスコ、インテルなどが主導して2015年7月に発足し、コンテナ型仮想化に対応し、動的にスケジュールされるマイクロサービス指向のアプリケーションやサービスによるクラウドネイティブなアプリケーションの推進を目的とした団体です。

(参照記事:http://www.publickey1.jp/blog/16/kubernetescloud_native_computing_foundation.html

米マイクロソフト、「Minecraft」を人工知能の訓練に活用 ―
「Project AIX」発表

米国Microsoft社の研究部門Microsoft Researchは13日、同社のものづくりゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を採用する人工知能(AI)訓練プロジェクト「Project AIX」を発表しました。Project AIXは「人工汎用知能(Artificial General Intelligence)」と呼ばれる、人間には簡単でもコンピュータが獲得するのは難しい汎用的な知能を持つAIの構築をめざすプロジェクトです。

(参照記事:http://japan.cnet.com/news/service/35079519/

編集後記

20日から甲子園球場で春の選抜高校野球大会が始まります。また、25日にはプロ野球も開幕するということで、本格的な野球シーズンの到来ですね。プロ野球は最近暗い話が多かったのですが、この悪い印象を一気に吹き飛ばすような、おもしろいシーズンにしてほしいものです。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています