TOPシステム開発> Tomcat+MyFacesを使ったデプロイ環境の構築




まるごとサーバサイドJava
JDeveloperで学ぶJSF入門

第4回:環境設定

著者:WINGSプロジェクト  佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、
小泉守義

監修:山田祥寛   2006/8/2
前のページ  1  2  3
Tomcat+MyFacesを使ったデプロイ環境の構築

   JSFアプリケーションは、本文で利用しているJDeveloperのようなIDEがなくても利用することができます。ここでは、Tomcat+MyFacesを利用したJSFアプリケーションの開発/実行の環境構築の手順について簡単に紹介しておきます。

   なお、ここではTomcatがインストールされていることを前提とします。Tomcatのインストール方法は、連載「はじめてのサーバサイドJava」の「第3回:JSP&サーブレットの基本環境設定(後編)」を参照してください。

1. Webアプリケーションディレクトリの作成

   %CATALINA_HOME%\webappsフォルダ配下に任意の名前でフォルダを作成し、さらにその下に図1に示すようなフォルダ構造を作ります。

JSFアプリケーションのフォルダ構造
図1:JSFアプリケーションのフォルダ構造
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


2. MyFacesパッケージのダウンロード

   MyFacesのBinary Distributionダウンロードページ(http://myfaces.apache.org/download.html)より、バイナリパッケージをダウンロードします。このダウンロードページでは、JSFの仕様を実装したコアパッケージ、MyFaces独自のコンポーネントライブラリであるTomahawk、そしてコミュニティサイトでの使用に便利なコンポーネントライブラリのTobagoがダウンロードできます。

   ここでは、コアパッケージ(myfaces-core-1.1.3-bin.zip)とTomahawk(tomahawk-1.1.2-bin.zip)をダウンロードします(コアパッケージの2006年7月現在の最新版は1.1.3です)。ダウンロードしたら、圧縮ファイルを適当な場所で展開します。Tomahawk、Tobagoは、以下のURLで実際にデモを動作させることができるので、参照してみてください。



3. JARファイルのコピー

   コアパッケージとTomahawkそれぞれの圧縮ファイルを展開すると作成される、libフォルダ配下のすべてのJARファイルを、アプリケーションルート/WEB-INF/libフォルダ配下にコピーします。


4. デプロイメントデスクリプタの作成

   リスト1に示した内容のデプロイメントデスクリプタ(web.xml)をWEB-INFディレクトリ内に作成します。

リスト1:web.xml

(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示します)


5. JSF設定ファイルの作成

   JSF設定ファイル(faces-config.xml)をWEB-INFディレクトリ内に作成します。JSF設定ファイルに書くべき内容は本連載の「第2回:JSFを構成する要素」の「JSF設定ファイル」を参照してください。

前のページ  1  2  3


著者:WINGSプロジェクト 佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、小泉守義 監修:山田祥寛
著者プロフィール
著者:WINGSプロジェクト 佐藤治夫(株式会社ビープラウド)、
小泉守義
監修:山田祥寛

WINGSプロジェクトは、有限会社WINGSプロジェクト(代表取締役山田祥寛)が運営するライティング・チーム。海外記事の翻訳から、主にサーバサイド分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆、講演、アプリケーション開発などを幅広く手がける。2006年7月時点での登録メンバーは20名で、現在も一緒に執筆をできる有志を募集中。執筆に興味のある方は、どしどし応募いただきたい。


INDEX
第4回:環境設定
  はじめに
  本連載で使用するソフトウェア
Tomcat+MyFacesを使ったデプロイ環境の構築