PR

DRBD9 ハンズオン・セミナー<LINSTOT操作編>

主催者: 
株式会社サードウェア
日時: 
2018年10月10日(水) 15:00
会場(場所): 
株式会社サードウェア 東京本社(JR総武線 両国駅より徒歩3分)

東京都墨田区両国2-16-5 あつまビル5F

DRBD9 ハンズオン・セミナー<LINSTOT操作編>
—DRBDの最新バージョンをハンズオンで無料体験!—

DRBD9におけるさまざまな利用シーンのうち、今回はLINSTOR操作編を実施致します。
本セミナーではLINBIT認定バイナリを実際に使って、DRBD最新バージョンのDRBD9、設定管理システムであるLINSTORをインストールし、体験いただけます。
これからDRBDを始める方も、既にDRBDをご存知の方も、是非この機会に最新バージョンを体験して下さい。

DRBD9の特徴
・共有ストレージ不要の高速同期による「HAクラスタ」
・遠隔地へもリアルタイムに同期する「災害対策」
・OpneStackにブロックストレージ機能を提供する「SDS」

DRBD9は従来のDRBDが持っている機能を包括しつつ、新しい機能やコンセプトを搭載しております。
機能のひとつであるDRBDの管理/設定を自動化するLINSTORを使って、高可用性/災害対策やマルチクラウド時代のSDS環境をさらに安価に短時間で構築する事ができます。

受講対象
・DRBD9の新しい機能にいち早く触れてみたい方
・最新バージョンのDRBDやLINSTORの概要を、実際の動作を確認しつつ知りたい方
・最新バージョンのDRBDで、高可用性技法を学びたいインフラエンジニア
・LINBITクラスタスタック・サポートの導入を検討している方

参加者のメリット
・DRBD最新バージョンの「DRBD9」をいち早く体験
・定期的に開催している有償の実習コースに先駆けて無償での受講

受講料:無料
締切り:2018年10月9日(火)

お申し込み方法
『Linux-HAトレーニング受講申込書』(PDF版、Excel版)に必要事項をご記入いただき、申込書記載のメールアドレスまたはFAXまで当社宛にお送りください。

コースの内容
●DRBD9の概要
Linuxで高可用性や災害対策を実現する、標準的アーキテクチャであるDRBDの最新機能を紹介します。
●LINSTORの概要
DRBDの設定/管理を自動化するLINSTORの、コンセプト及び内容を紹介します。
●LINSTOR操作設定ハンズオン
LINBITクラスタスタックの認定バイナリパッケージをインストールし、LINSTORを使って3台構成のSDSシステムを構築していただきます。

※参加者の方に実習用のPCをお貸しし、そのPCを利用してハンズオンして頂くことを想定しております。

備考:定員6名と少人数での開催になるため先着順となります。ご理解の程お願いいたします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています