PR
連載 :
  徹底比較!!ERP

グローバル展開のトータルサポート - GEMPLANET

2006年6月20日(火)
菅 麻美子

お客様の信頼に応える豊富な導入実績

当社では長年にわたり、お客様の基幹業務の開発・サポートに従事し、メインフレームやオフコンなどの各種プラットフォーム上で稼働する基幹業務アプリケーションを提供してきました。

その業務ノウハウやアプリケーション開発技術や実績を活かして開発したのが、統合業務パッケージ「GEMPLANET」です。

GEMPLANETは純国産ERPとして法制度準拠はもとより、日本の商習慣を考慮した機能を装備しています。また会計業務を中心に人事、労務、販売、生産と幅広い業務をサポートし、1997年の発売以来、1,400社の企業に導入実績があります。

内部統制制度への対応

日本版SOX法施行に向けて内部統制制度に対する関心が高まっていますが、GEMPLANETでは内部統制制度の実現をアプリケーション機能とIT統制機能により支援します。

内部統制の目的である財務報告数値の信頼性を保持するためには、「正しいデータが正しい方法で漏れなく記録されること」「業務や部門間で意識するこ となく正しいデータが引継がれること」、そしてその結果として「正しい結果がアウトプットされること」が非常に重要な要素となります。

GEMPLANETは統合データベースと基本管理モジュールをベースに、各業務機能によってデータインプット(販売データの入力や仕訳登録など)からアウトプットの出力(帳票、ログ出力など)までの一括管理をサポートしています。

   会計業務の例で紹介すると、正確なデータを作成するために入口となる伝票登録画面において、入力が必要な項目表示を自動制御することで入力ミスを防止します。

   これはそれぞれの項目に対して、あらかじめ関連する項目(例えば取引先、口座など)を設定し、入力時に不要な項目を非表示とすることで誤ったデータ 入力を防止する機能です。その他に定型仕訳や先入許可月数制御、承認行為によりデータ投入時点での入力コントロールを行っています。
 

仕訳登録画面
図1:仕訳登録画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


   また内部統制の確立には、業務プロセス統制とアプリケーション統制の関連性が明確化された文書作成が必要となります。

   GEMPLANETでは、会計業務をベースに業務フローとコントロールマトリックスを整理し、「リスクの発生するポイント」と「リスクに対するコン トロール方法」などを文書化した「文書作成支援テンプレート(仮称)」を用意して、内部統制推進を支援するソリューションを計画中です。

日立製作所

日立製作所にてGEMPLANETシリーズの拡販に従事。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

グローバル展開のトータルサポート - GEMPLANET | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。