PR
連載 :
  徹底比較!!ERP

コンソーシアムの知を結集し、成長し続ける次世代ERP - GRANDIT

2006年6月13日(火)
峰岸 純子

時代が生んだ次世代ERP・GRANDIT


   「真のユーザ視点で作られた国産のERPパッケージは、市場に存在しない」それが私た ちの出した結論でした。GRANDITの開発構想が生まれたのは2001年。時代は外資系のERPベンダー製品が大企業を中心に日本市場を席巻し、これか らは中堅企業にも乗り出すといわれはじめた時期です。また技術面ではインターネット技術が目覚しいスピードで発達し、ブロードバンド時代の到来を予感する 時代でした。

真のユーザ視点で作られたERPパッケージ

使わない機能ばかりが増え、結果高額になっているERPは必要か、多すぎるパラメータ設定に悩まされていないか、統合分社化が頻繁に行われる昨今、 あらゆる企業規模、業種業態にフィットするERPこそが真のユーザ視点である、という構想の下「お客様の立場に立った最高の国産ERPを開発したい」とい う同じ志を持つユーザ系のSlerを中核にGRANDITコンソーシアムが結成されました。


   現在コンソーシアム企業には、ITエンジニアリング、インフォコム、ウチダユニコム、NECネクサソリューションズ、オージス総研、オリンパスシステムズ、双日システムズ、DACS、日商エレクトロニクス、ミロク情報サービスの10社が加盟しています。

   また事業全般の協力企業として、マイクロソフト社、インテル社、システムインテグレータ社の3社が参加しています。そしてGRANDITの製品企画、開発保守などを行う運営母体として、インフォベックが設立されました。

   コンソーシアムの最大のメリットは、複数社のノウハウを活かした製品開発ができる点です。参加メンバーがターゲットとする業種は様々で、各社がまっ たく異なるノウハウを持っています。各社の技術、ノウハウを結集した形で最適仕様を決め、常に顧客視点を持った開発多くのユーザにとって使いやすい、偏り のないERPパッケージの構築が実現できました。

次世代ERP・GRANDITの特徴


   2004年5月に発売を開始したGRANDITは、発売から約1年ですでに100社を超える企業で採用され、400サイトの販売実績があります。GRANDITは他のERPと比較した際、3つの大きな特徴があります。
 

  • 最新技術を結集した完全Web型ERP
  • コンソーシアム方式によるノウハウ集約型
  • 幅広い機能網羅性


表1:GRANDITの3つの特徴

最新技術を採用した完全Web型ERP


   ブロードバンドやモバイルの普及により、企業を取り巻く環境はインターネットを基盤として爆発的に進化を遂げています。企業の基幹システムも同様 に、ブロードバンド時代にあわせた進化が求められています。しかし、このようなネットワーク環境はERPという言葉が騒がれた10年前にはなかったもので す。

   GRANDITでは業界に先駆けてマイクロソフトの最新テクノロジーを採用し、完全Webで稼動するERPを開発しました。

マイクロソフトの最新技術を採用


   テクノロジーの進歩は早く、基幹システムのプラットフォームも次々と移り変わっていきます。現在はWebプラットフォームの時代ですが、基幹システムを提供する他の製品の多くは、旧来のテクノロジーを未だに採用しているのが現実です。

   基幹システムは一度導入すれば、10年以上使い続ける企業活動の中核を担う情報システムであり、導入時に最新のテクノロジーを採用することがERP導入のポイントとなります。

   GRANDITは.NETとSQLServerというテクノロジーを採用することで、Webプラットフォーム上で稼動するERPを実現しています。 マイクロソフトのテクノロジーに集約し、新たなテクノロジーにも随時対応することにより、今後長期間にわたる安定した技術供給と最新アーキテクチャへの追 従が可能となります。

完全Webのメリット

   従来のクライアント・サーバ型ERPやターミナルサービスを利用するためのクライアントプログラム、リッチクライアントを採用している製品の場合 は、使用ユーザの数だけクライアントに製品をインストールする必要があり、ユーザ数が数百、数千と増えれば増えるほど、メンテナンスコストがかかっていた 状態でした。

   GRANDITの特徴である「完全Web」とは、それらに依存しない完全なサーバサイドアプリケーションを指しています。つまりGRANDITを採 用した企業はWebサーバとDBサーバにGRANDITをインストールすれば、個々のクライアントPCにインストールは不要で、どのPCにも標準で搭載さ れているInternet Explorerを使ってGRANDITにアクセスすることが可能です。

   完全Webのメリットを一言でいえば、自社のみならずグループ企業や取引先までを含めたバリューチェーンの構築にあります。

   旧来のアーキテクチャの製品では、情報の共有や活用はあくまで自社内に留まっていました。しかし完全Webを実現するGRANDITの場合、クライ アントインストールが一切不要になるため、自社のグループ企業でASP的な共同利用や標準装備されたEC、EDI機能による取引先とのシームレスな連携を 容易に実現できます。

Webプラットフォーム上で稼動し、幅広い機能を統合
図1:Webプラットフォーム上で稼動し、幅広い機能を統合
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

インフォベック

大手外資系ハードウェアメーカにてマーケティング従事後、インフォベック(株)へ入社。GRANDIT販売と同時に現在までプロモーション活動の企画、コーディネート、実施、管理業務と広報を担当。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています