PR
連載 :
  徹底比較!!ERP

企業成長の基盤 - Oracle E-Business Suite & JD Edwards EnterpriseOne

2006年6月27日(火)
矢野 酉太郎

はじめに

当社では、中堅企業向けの「Oracle Applications」製品として「Oracle E-Business Suite」「JD Edwards EnterpriseOne」をラインナップしています。今回は、それぞれの製品の特長とソリューション・オファリングに関して解説します。

今、アプリケーションパッケージに求められていること - Oracle Applications製品のコンセプト

中堅企業や大手企業に関わらずその取り巻く経営環境は、会計ビックバンにはじまり現在ではコンプライアンス(内部統制)、企業買収、個人情報保護など大きく変化しています。グローバリゼーションの進行に伴い、ビジネス・スピードも「ドッグ・イヤー」と呼ばれるほど技術革新が行われ、ビジネスモデルも変化していきます。

また、2007年問題というメインフレームにおける基幹システムの開発・保守技術者の中心だった「団塊の世代」のリタイヤがはじまります。そしてテクノロジー基盤においては、「SOA」というキーワードが雑誌などでにぎわっています。

こうした中で、企業のビジネス基盤ともいえるアプリケーションパッケージには、何が求められているのでしょうか。本連載では代表的なキーワード「内部統制(日本版SOX法)」「2007年問題」と「SOA」から紐解いていきたいと思います。

1つ1つを細かく紐解くことはできませんが、簡単にいえば内部統制においてアプリケーションに求められているものは、「あってはならないこと(不正および誤謬)を防ぐことです。

そして2007年問題では、これまでメインフレームで開発していた技術の継承をアプリケーションパッケージに置き換えることでそのリスクを排除することです。これはまた、業務システムのビジネスロジックを汎用化されたアプリケーションパッケージに置き換えることで、COBIT(IT Control Objectives For SOX)への対応が容易になります。

最後のSOAに関してはBPELやBAMの技術要素に目がいきがちですが、一番重要なものは「業務プロセスの定義」です。これらのキーワードをまとめたのが図1です。
 

3つのキーワードから導き出される要素
図1:3つのキーワードから導き出される要素

図1らの要素からアプリケーションパッケージのコンセプトは、「業務プロセスの標準化と可視化」「標準技術を利用したアーキテクチャ」であり、プラス継続的なシステム投資を可能にする「システムライフサイクルコストの低減」が求められているといえます。

そしてそれを実現しているのが、今回紹介する「Oracle Applications」の製品で、以下の3つのコンセプトに基づいて開発されています。

Greatest Business Insight - ビジネスの「今」を見極め、迅速で正確な意思決定をサポート
  • あらゆるビジネス情報(マスタ、トランザクション)を共通のデータ・モデルによって統合し、「Single Source of Truth」を実現。
  • 単一のデータ・スキーマで情報を一元管理することにより、経営層から各ラインのマネージャレベルまで、役割や目的に応じたダッシュボードを設定し、企業の活動の「現在」の可視化を実現。企業全体の戦略とラインの活動の同期を取りながら、迅速な意思決定を支援。
  • 各トランザクション・システムにビジネス・インテリジェンス機能を組み込むことで、リアルタイムな情報共有と分析を実現。
     
Deep and Adaptive Industry Process - 業務要件への高い適応性と柔軟な接続性の確保
  • テクノロジー基盤からアプリケーションまで統合された設計のため、業務プロセスの自動化、情報の一元的な統合を実現。
  • 経済環境や業界ルールの変化、法制度への対応など、様々な外的要因への迅速な対応を実現。
  • インダストリーに対応したコンフィグレーションと業務フローを装備。迅速な業務システムの立ち上げを実現。
     
Superior Ownership Experience - システムライフサイクルにおけるTCO削減の実現
  • 標準技術による各モジュールの連携性、業務プロセスの自動化による実装の容易性、変化に迅速に適応する柔軟性により、アプリケーションのシステムライフサイクルコストの低減を実現。

表1:Oracle Applicationsの3つのコンセプト

今回は、特にOracle Applications製品として「Oracle E-Business Suite」と「JD Edwards EnterpriseOne」、そして中堅企業向けソリューション「Oracle NeO」について紹介します。

日本オラクル株式会社

ソリューションプランニング部 シニアマネージャー。
東洋情報システム(現TIS)、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、2001年より現職。人事管理、CRMを中心としたコンサル ティング経験を活かし、「Oracle NeO」「Oracle EO」ビジネスの立ち上げをはじめとした日本オラクルのアプリケーションビジネスにおけるソリューション・マーケティング戦略および企画を担当。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています