PR
連載 :
  徹底比較!!ERP

2006年のERP市場は、中堅企業向けが主戦場に

2006年5月9日(火)
田口 佳孝

中堅企業で30%の導入率、2006年度は40%の導入率へ

ERP研究推進フォーラムから報告されている2005年企業アプリケーション導入調査の結果では、大企業(売上高3,000億円以上)のERPの導入は43.8%、導入準備中の企業の7.8%を入れると、2006年度は50%を超えるものと予想される。

中堅企業(売上高300億円〜1,000億円未満)でも、導入済み企業の率が30%を超えた。さらに導入準備中の企業の10.3%を加えると、2006年度には40%の企業がERPの導入を済ませることが予想される。

この結果について少し詳しく説明しよう。2005年企業アプリケーション導入調査の結果を企業規模・業種に関係なく見てみると、「導入済みで現在利用している(21.7%)」と「利用範囲を拡大しようとしている(4.9%)」をあわせると全体で26.6%だった。前回の2004年調査に比べて 6.8%増で、過去最高の伸びとなった。「導入決定し導入作業中」も、7.7%から9.2%と増えた。ただし「導入の方向で検討・準備中」は12.1%か ら6.5%に減っている。

ERPに対する認知度/導入状況・売上高別(2004年、2005年調査)/出展:ERP研究推進フォーラム
図1:ERPに対する認知度/導入状況・売上高別(2004年、2005年調査)
出展:ERP研究推進フォーラム

売上高別で見てみると、大企業の売上高3,000億円以上では43.8%が導入済みで前回より16.2%増加している。

次に中堅企業を規模別に見ていこう。売上高1,000億円以上3,000億円未満の企業では31.7%で前回より8%増、売上高300億円以上 1,000億円未満の企業では25.0%で4%増、売上高100億円以上300億円未満の企業では23%で9.6%増となっており、軒並み増えている。

業種別では、全業種で導入率が高くなった。特に「製造・建設」は前回の24.8%から31.2%と6.4%高まっている。

ERPに対する認知度/導入状況・業種別(2004年、2005年調査)/出展:ERP研究推進フォーラム
図2:ERPに対する認知度/導入状況・業種別(2004年、2005年調査)
出展:ERP研究推進フォーラム

図1から読み取れることは、企業規模が大きいとERPの導入率が高いことがいえる点である。またERPの導入率を経年的に分析すると、ERPの導入率の伸びは大企業・中堅企業ともに伸びている。

ERP研究推進フォーラム 常任理事

元日本ガートナーグループ代表取締役。大学卒業後、1971年(財)機械振興協会・技術研究所でCAD/CAMの研究業務に従事。1975年にミシガン州アナーバー市のCAD・CAMのソフトウェアサービス会社へ移籍。その後、EDS-ジャパンの立ち上げ、アウトソーシング、コンサルなどに従事。ガートナーグループの立ち上げを経験。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています