PR

managementサンプルを試す

2006年11月29日(水)
江川 潔

Javaコマンドを使ってデモを起動

   samples/managementディレクトリから次のコマンドを実行します。

   UNIXの場合は以下のコマンドを実行します。


java -Djava.util.logging.config.file=$CELTIX_HOME/etc/logging.properties
-Dceltix.config.file=file:///$CELTIX_HOME/samples/management/server.xml
demo.hw.server.Server &
java -Djava.util.logging.config.file=$CELTIX_HOME/etc/logging.properties
demo.hw.client.Client ./wsdl/hello_world.wsdl
java -Djava.util.logging.config.file=$CELTIX_HOME/etc/logging.properties
demo.hw.jmxconsole.Client

   サーバがバックグラウンドで起動します。クライアントを起動した後で、サーバプロセスをkillコマンドで終了してください。

   Windowsの場合は以下のコマンドを実行します。

start
java -Djava.util.logging.config.file=%CELTIX_HOME%\etc\logging.properties
-Dceltix.config.file=file:///%CELTIX_HOME%\samples\management\server.xml
demo.hw.server.Server
java -Djava.util.logging.config.file=%CELTIX_HOME%\etc\logging.properties
demo.hw.client.Client .\wsdl\hello_world.wsdl
java -Djava.util.logging.config.file=%CELTIX_HOME%\etc\logging.properties
demo.hw.jmxconsole.Client

   新しいコマンドウィンドウがサーバプロセスのために起動します。クライアントを起動した後に、コマンドウィンドウで「Ctrl-c」キーを押してサーバプロセスを終了してください。

   Celtix被管理コンポーネントを参照するには、jconsoleを起動してJMXサービスのURLを入力します。

jconsole
service:jmx:rmi:///jndi/rmi://localhost:1099/jmxrmi/server

   WSDLファイルやclassファイルから生成したコードやbuildディレクトリを削除するには次のコマンドを実行してください。

ant clean

コンフィグレーションファイルについて

   コンフィグレーションファイルの「server.xml」と「client.xml」には、ほぼ同じ内容が含まれています。それぞれのコンフィグレーションファイルには、2つのプロパティをもった定義があります。

   最初のプロパティは、被管理機能マネージャとJMXマネージャを起動するための情報です。2つ目のプロパティでは、MBServerで PlatformMBeanServerを利用するための情報とJMXConnectorServerの基本的な動作モード、 JMXConnectorServerのURLを指定します。

   このファイルの指定をする際には、CeltixインストレーションのresourcesディレクトリにあるスキーマやXMLメタ情報を参照してくだ さい。サンプル2の「Configuration」で、これらのファイルを使ってコンフィグレーションファイルを構成する手法について解説しています。

   Celtixの被管理(instrumentation)機能を設定する際には、被管理リソースを公開するための被管理機能とJMXを利用するため のCeltix busをそれぞれ構成する必要があります。これはBusの機能の一部となっているため、Busのコンフィグレーションファイルで構成を行います。コンフィ グレーションIDは「instrumentation」となります。

   XMLメタ情報ファイルの例としては、resources/config-metadata/ディレクトリにあるinstrumentation- config.xmlが参考になるでしょう。の値が「instrumentationControl」となっている ことを確認してください。

   さらに、configItemのエレメントの値をエレメントのname属性に設定しま す。タグの中に、サービスを定義するコンフィグレーション値をXML形式で指定します。

   次に、resources/config-metadata/ディレクトリにあるスキーマファイルinstrumentation- config.xmlをチェックしてください。instrumentationContorlエントリは、resources/schemas.wsdl /ディレクトリにあるスキーマファイルinstrumentation.xsdにおいてInstrumentationPolicy型と定義されている点 に注意してください。

   このInstrumentationPolicy型は、complex型のため必ず2つのelementが必要となります。ここでは InstrumentationEnabledエレメントとJMXEnabledエレメントが使われています。この2つのエレメントが InstrumentationPolicyとして合成され、エレメントシーケンスが生成されます。

   なお、InstrumentationEnabledエレメントとJMXEnabledエレメントを利用するためには、宣言を利用しています。このためコンフィグレーションファイルの最初の部分で名前空間の宣言を行ってください。

   今回のデモのようにMBServerがjconsoleへアクセスできるように設定する場合、JMXEnabledをtrueに指定し、さらに MBServerのを指定しておく必要があります。こうしておくことで、JMXConnectorServerを別のス レッドで起動したり、デーモンとして起動することができるようになります。またjconsoleがMBeanServerに接続する際に利用する JMXServiceURLも同様に指定できます。

日本アイオナテクノロジーズ株式会社 テクニカルセールスマネージャ

株式会社富士通SSLでNTT仕様のオペレーティング・システムの開発に従事したのち、日本ディジタルイク イップメント株式会社でNTT向けシステムの開発、その後、ソフトウェアとハードウェアのプリセールス活動を展開した。DECの合併を経て、現職のミドル ウェア製品のマーケティング、アライアンス、プリセールスなどに従事。

blog「Essence is Real」
http://blogs.iona.com/essence/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています