PR

OpenVZとVirtuozzoの違い

2007年3月29日(木)
土居 昌博

OS仮想化ソリューションOpenVZとVirtuozzo

   第2回目となる今回は、SWsoftのOS仮想化ソリューションである「Virtuozzo(バーチュオッゾ)」とそのベースであるオープンソースの仮想化ソフトウェアである「OpenVZ」について説明します。


OpenVZとは?

   Linux上に構築されたOSレベルのサーバ仮想化技術である「OpenVZ」は、2005年8月に独立したオープンソースのプロジェクトとして登場後、2005年12月に安定バージョンを公開しました。

OpenVZプロジェクト
http://openvz.org/

   OpenVZプロジェクトではコミュニティのコラボレーションにより仮想化技術を広く公開し、OSレベルの仮想化技術のサポートと推進を行っています。OpenVZのオープンソースソフトウェアはLinux版Virtuozzoのベースとして使用されています。

   OpenVZでは、Red Hat Enterprise Linux 5にいちはやく対応するなど、活発なコミュニティ活動が行われています。現在メインストリームのLinuxカーネル(2.6.16および2.6.18)に 対応し、SUSE Linux Enterprise Server 10およびopenSUSE 10.1にも対応しました。

   昨年5月には、Mandrivaが最初のディストリビューションとしてMandriva Corporate Server 4.0のカーネルに直接OpenVZを組み込み、OS仮想化技術を搭載しています。現在OpenVZは、Linuxディストリビューションの一部として DebianやGentoo Linux、ALT Linux Sisyphusに搭載されています。

   対応するプロセッサも拡大しており、x86、x86_64、IA64、Power 64-bit、UltraSPARC T1 CoolThreadsなどのプロセッサを採用したサーバに対応しています。

   またOpenVZは、他のオープンソースのOS仮想化ソフトが提供していない機能として、後ほど解説するVirtuozzoと同様に、ライブマイグ レーション機能を提供しています。これによりシステム管理者は、エンドユーザへのサービスを中断することなく、高額なストレージを必要とせずに物理サーバ 間で仮想サーバの移行を行うことが可能です。

Virtuozzoとは

   Virtuozzoは1999年からSWsoftによって開発が進められ、2001年より販売されているOS仮想化ソリューションです。インター ネットサービスプロバイダやデータセンターなど、大規模な実環境において6年以上にわたる成熟した技術としての運用実績があります。

   ワールドワイドでは1,000社以上の顧客において、50万以上ものVirtual Environment(以下、仮想環境)が稼動しています。また、国内においても主要なサービスプロバイダの多くがVirtuozzoを利用したサービ スを展開しており、エンタープライズ市場においても導入が加速しています。

   Virtuozzoはハードウェアへのアクセスを仮想化する仮想マシンベースのアプローチとは異なり、OSへのアクセスを仮想化します。これにより、1つのOSインスタンス上に仮想環境とよばれる仮想サーバの複数構築を可能としています。

Virtuozzoアーキテクチャ概念図
図1:Virtuozzoアーキテクチャ概念図
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   それぞれの仮想環境は完全に隔離されており、セキュアで完全なサーバ機能を備えています。Windows版とLinux版のプラットフォームに対応しており、x86やIA64、AMD64、EM64T、Itaniumをサポートしています。

Amelion, Inc. 代表

米大手IT企業であるEDSでEコマースコンサルタントの経験を経て、米Osmonics(現GE P&WT)の日本における事業の立ち上げとマーケティングに携わる。2003年よりAmelion,Inc.を立ち上げ独立。 Amelion, Incでは、国内外のハイテク企業の広報をはじめ、特に海外企業の日本参入におけるマーケティング戦略から事業開発の包括的なサービスを提供。クライアン トのひとつであるSWsoftとオープンソースプロジェクトであるOpenVZの日本における広報は2006年より担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています