TOP調査レポート> サーバOSの利用実態調査要綱




サーバOS利用実態2007
2007年中堅・中小企業におけるサーバOSの利用実態

第1回:中堅・中小企業でなぜ、Linuxは利用されないのか

著者:ノークリサーチ  伊嶋 謙二   2007/6/15
1   2  次のページ
サーバOSの利用実態調査要綱

   本調査は、中堅・中小企業におけるサーバOSの利用実態を明らかにすることを目的としている。調査方法は全国の中堅・中小企業へのランダムサンプリングで、郵送アンケートを行った。

調査の概要

   全国の年商5億円以上500億円未満の民間企業約4,000社に郵送アンケートを実施し、有効回答数1,140社を回収。調査時期は2007年1月から3月。

調査プロフィール
図1:調査プロフィール
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


2007年中堅・中小企業におけるサーバOSの利用状況 - Windowsが88.8%と圧倒的だが、その約5割はWindows NT、2000

   中堅・中小企業が導入しているサーバのOSの状況を聞いた結果を見てみよう。図2は、06年と07年の経年変化を表している。「Windowsデファクト」という図式がほぼ完成した状態となっている。細かく見ていくと「Windows 2000」が38.5%と最も高い割合で、「Windows 2003」が35.8%、「Windows NT」が14.5%。これら「Windows」全体で88.8%とほぼ独占的な利用率を示している。以下「Linux」が6.7%、「UNIX」が1.7%、「NetWare」が0.1%、「OS/2」が0.6%となっている。

サーバOSの種類(回答企業が自社でメインで利用するサーバOSの種類を質問)
図2:サーバOSの種類
(回答企業が自社でメインで利用するサーバOSの種類を質問)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   06年と比較すると、まず最新OS「Windows 2003」が9.9ポイント増と大幅な伸びを見せているのが目立つ。一方、04年末でサポート期間が終了した「Windows NT」は4.3ポイント減ではあるが、依然14.5%の利用率。リリース後5年が経過した05年6月末に標準サポート期間が終了し、延長サポート期間に移行している「Windows 2000」も0.7ポイント減だが、38.5%の利用率が維持されており、NT の経験から言っても少なくとも延長サポート期間終了に至るまで、この利用率に大きな変化が見られることはないだろう。

   一方の「Linux」は1.2ポイント増で6.7%の利用率となったが、大勢に影響を及ぼすほどの変化とは言えないだろう。

   「中堅・中小企業のサーバOSはWindowsのデファクト化が厳然たる事実」であることが鮮明であるが、しかし「旧Windows」のWindows NT、2000が半数以上であることも分かった。


利用目的別に見たOSの利用実態 - セキュリティではWindows 2003が多いが、他分野では旧Windowsが多い

   利用目的別に見た場合のOSの利用結果が図3である。利用目的別に見てもWindows系OSの強さは変わらない。特に「基幹系業務システム」「部門利用」「データベース利用」では、Windows系が9割を超えている。Windows系OSについて細かく見ていくと、「Windows 2003」の最も高い利用率は、「セキュリティ、ファイアウォール、バックアップ利用」の41.5%だ。これらの利用目的のために導入したサーバが近年に多く導入されているためだ。しかし、全般的な傾向として「Windows NT」と「Windows 2000」の旧Windowsの利用率が「Windows 2003」よりも高い。

システム別に見たOSの利用実態(「サーバ利用目的」と「サーバOS」の質問間クロス集計の結果である)
図3:システム別に見たOSの利用実態
(「サーバ利用目的」と「サーバOS」の質問間クロス集計の結果である)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   一方、Linuxは「社内構築システム」、「セキュリティ、ファイアウォール、バックアップ利用」で、1割を超えているのみだ。それ以外の分野では、Linuxも「その他のOSと同じくくりに収束」しつつある。なぜ、Linuxは利用されないのか。昨年に続いて、次章で検証したい。

1   2  次のページ

書籍紹介

「2007年 中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査」

本記事はノークリサーチより発刊されている「2007年中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査」からの転載です。上記調査資料には、さらに詳しいデータや分析結果が記載されています。調査資料のご購入は下記のリンクより行えます。

ご購入はコチラ  http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2007serveros.pdf

株式会社ノークリサーチ 伊嶋 謙二
著者プロフィール
株式会社ノークリサーチ  伊嶋 謙二
1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどをプラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関するリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。

ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:中堅・中小企業でなぜ、Linuxは利用されないのか
サーバOSの利用実態調査要綱
  Linuxの利用状況 - Linuxは「使うつもりがない」が62.8%
2007年中堅・中小企業におけるサーバOSの利用実態
第1回 中堅・中小企業でなぜ、Linuxは利用されないのか
第2回 中堅・中小企業におけるサーバOSはWindowsがデファクト状況