TOP調査レポート> 旧Windowsの利用状況 - 8割以上がWindows NT、2000を利用している




サーバOS利用実態2007
2007年中堅・中小企業におけるサーバOSの利用実態

第2回:中堅・中小企業におけるサーバOSはWindowsがデファクト状況

著者:ノークリサーチ  伊嶋 謙二   2007/6/22
1   2  次のページ
旧Windowsの利用状況 - 8割以上がWindows NT、2000を利用している

   今回からは「企業全体(会社のどこかの部門で1台でも可)で利用しているWindows OS」についての調査結果を述べる。分析のポイントは旧Windowsである「Windows NT、Windows 2000」の利用実態と今後のWindows 2003への移行割合だ。

   図1は、旧Windowsを利用しているか否かを質問した結果である。「旧Windowsを使っていない」が18.0%、「Windows NTを使っている」が21.8%、「Windows 2000を使っている」が50.1%、「Windows NTとWindows 2000どちらも使っている」が10.1%となっている。

   実質的に中堅・中小企業のメインOSは「Windows 2000」で、50.1%という約半数の高い利用率となっている。ついで「Windows NT」21.8%、さらに「Windows NT・Windows 2000両方使っている」の10.1%を加えると「旧Windows」は全体の8割を超える。この多数の「旧Windows」が今後どのように移行するのかは次項で解説しよう。
旧Windows の利用状況(Windows NT/2000を利用しているか否かを質問)
図1:旧Windows の利用状況
(Windows NT/2000を利用しているか否かを質問)


旧Windowsの移行予定 - 「Windows 2003に移行する予定」が43.6%、「そのまま使う」は5割

   図2は、旧Windowsを利用している企業に今後のOS移行計画を質問した結果である。その結果は、「そのまま使う、使いたい」が51.9%、「Windows 2003に移行する予定」が43.6%、「UNIXに切り替える予定」が0.4%、「Linuxに切り替える予定」が1.7%となっている。

   「Windows 2003への移行は順次進んでいる」という傾向は間違いない。第1回で述べたように、Windows 2003の部門別の利用率は2006年から2007年にかけて約10ポイント上昇して35.8%になっている。また、「Windows 2003に移行する予定」の企業が43.6%と高い。その相当数が実際に移行することになるので、来年の調査ではWindows 2003の部門別の利用率が5割を超えることになるだろう。

   ただし、「旧Windowsをそのまま使いたい」割合も50%を超えている事実にも注目したい。新OSがリリースされているにも関わらず、旧OSを使い続けるという理由は何か?

旧Windowsの移行予定(Windows NT/2000を利用している企業に今後のOS移行計画を質問)
図2:旧Windowsの移行予定
(Windows NT/2000を利用している企業に今後のOS移行計画を質問)


旧Windowsの移行予定(企業規模別) - 特に年商10億円未満の企業では6割以上が「そのまま使う、使いたい」

   表1は、「旧Windowsの移行予定」を企業規模別に集計した表だ。旧Windowsの移行計画については企業規模と相関関係にあることがわかる。「そのまま使う、使いたい」は10億円未満の企業では62.1%であるのに対し、100億円以上では46.6%となる。逆に「Windows 2003に移行する予定」は10億円未満では31.6%だが、100億円以上では48.6%となっている。UNIXやLinuxは企業規模に関係なく移行予定にない。

年商 N そのまま
使う、
使いたい
Windows
2003に
移行する予定
UNIXに
切り替える
予定
Linuxに
切り替える
予定
その他
10億円
未満
95 62.1% 31.6% 1.1% 3.2% 2.1%
10〜100億円未満 448 54.7% 41.7% 0.2% 1.3% 2.0%
100億円以上 352 46.6% 48.6% 0.6% 2.0% 2.3%
未回答・不明 23 34.8% 52.2% 0.0% 0.0% 13.0%
合計 918 51.9% 43.6% 0.4% 1.7% 2.4%

表1:企業規模別旧Windowsの移行予定
(Windows NT/2000を利用している企業に今後のOS移行計画を質問)

   10億円未満企業はサンプル数がやや少ないが、規模の小さい企業ほど旧Windowsを今後も使い、Windows 2003への移行に消極的な傾向が出ている。IT予算の少ない小規模企業はやはり移行には控え気味の傾向だ。相対的にIT予算に余裕のある100億円以上の大規模企業は「Windows 2003」への移行予定が高くなっている。

1   2  次のページ

書籍紹介

「2007年 中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査」

本記事はノークリサーチより発刊されている「2007年中堅・中小企業におけるサーバOS実態調査」からの転載です。上記調査資料には、さらに詳しいデータや分析結果が記載されています。調査資料のご購入は下記のリンクより行えます。

ご購入はコチラ  http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2007serveros.pdf

株式会社ノークリサーチ 伊嶋 謙二
著者プロフィール
株式会社ノークリサーチ  伊嶋 謙二
1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどをプラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関するリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。

ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:中堅・中小企業におけるサーバOSはWindowsがデファクト状況
旧Windowsの利用状況 - 8割以上がWindows NT、2000を利用している
  旧Windowsを継続利用する理由 - 「移行する必要性を感じない(まだ十分に使えるから)」が6割以上
2007年中堅・中小企業におけるサーバOSの利用実態
第1回 中堅・中小企業でなぜ、Linuxは利用されないのか
第2回 中堅・中小企業におけるサーバOSはWindowsがデファクト状況