PR

SQL Serverのインストールとツールの利用(前編)

2007年7月30日(月)
森崎 千華

実際にSQL Serverをインストールしてみよう


   「第1回:入門者向けにとどまらないSQL Serverの魅力」ではオーバービューとして、SQL Serverのツールやコンポーネントについて非常に簡易的な点やドラッグ&ドロップで操作できるといった点を説明しました。

   今回はそれを実感するため、SQL Server 2005をインストールした際に提供される機能の利用方法を紹介します。


インストールの前に


   SQL Serverの様々な機能は、データベースの用途にあわせた各Editionとして提供されています。各Editionの内容は次の通りです。

機能 Edition名 備考


Enterprise Edition 大規模システム向けにすべての機能を搭載したフルバージョン。64ビットOSに対応
Standard Edition 中小規模システム向け。64ビットOSに対応
Workgroup Edition 小規模システム向け
Express Edition 最小限の機能を搭載したバージョン。無償で利用可能
Developer Edition 開発者向け。機能はEnterprise Editionと同様だが、開発環境のみで利用可能で、サーバなどへのインストールは不可

表1:SQL Serverの各エディション

   用途に応じて各Editionから必要な機能を満たすものを選択し、インストール用のDVDなどを準備してください。なお、最上位EditionであるEnterprise Editionの評価版は製品ホームページからダウンロード可能です。


   今回はSQL Serverをはじめて触る方に向けて、製品版である開発者用のDeveloper Editionをインストールする流れを解説します。

   どのEditionをインストールする場合にも、ソフトウェアやハードウェアの要件が満たされていることが前提となります。

   このため、あらかじめ必要なソフトウェアコンポーネントや最適なバージョンのOSがインストールされ、かつハードウェアが最小要件を満たしているかどうかを製品のホームページなどで確認しておきます。なお、今回の説明では、Microsoft Windows XP Professional Version 2002 Service Pack2へインストールを行っています。


必要なコンポーネントの組み込みと設定


   SQL Serverのインストール前に、まず以下の2つの点についてインストールと設定を行っておきます。


インターネットインフォメーションサービス(IIS)5.0以降のインストール


   Reporting Services機能を利用するためには、インターネットインフォメーションサービス(以下、IIS)が必要となります。他のソフトウェアの影響によって「インストーラが終了してもインストールできていない」場合があるので、インストール後にはIISが必ず動作しているかを確認しておきます。

   IISのインストールと設定確認の手順は以下の通りです。

「Windowsコンポーネントの追加と削除」を開く
「コントロールパネル - プログラムの追加と削除 - Windowsコンポーネントの追加と削除」を選択。
IISをインストール
「Windowsコンポーネントウィザード」の「コンポーネント」一覧にある「インターネットインフォメーションサービス(IIS)」のチェックボックスをオンにする。「次へ」をクリックしてインストールを行う。
インストール後の確認
「コントロールパネル - パフォーマンスとメンテナンス - 管理ツール」を開く。「インターネットインフォメーションサービス」と表示されていれば、正常に設定されている。

表2:IISのインストールと設定確認の手順


ウイルス対策プログラムやファイアウォールを無効にしておく


   ウイルス対策プログラムやファイアウォールが動作している場合、IISやSQL Serverのインストールに影響を及ぼすことがあります。このため、インストールを行う前に必ず終了させておきます。

   なお、インストールする環境によっては、これらのソフトウェアをアンインストールする必要が発生するケースがあります。

イー・キャッシュ株式会社 プロフェッショナルサービス事業部
数年前、SQL Serverを使用したシステム開発に携わり、データベースについて学ぶ。現在は、イー・キャッシュにて、今までの経験を生かし、RFIDシステム開発の導入提案から設計、開発およびプロジェクトマネージメントまでまで幅広く行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています