PR

SQL Serverのインストールとツールの利用(後編)

2007年8月9日(木)
森崎 千華

SQL Server 2005の各種機能を使う


   「第2回:SQL Serverのインストールとツールの利用(前編)」では、SQL Serverの開発者向けの「Developer Edition」を例に、インストールの流れを紹介しました。

   今回は、インストールしたSQL Serverを実際に使っていきます。


SQL Server 2005の起動


   インストールの確認ができたらSQL Server 2005を起動しましょう。

   「構成ツール → SQL server Configuration Manager → SQL Server構成マネージャ(ローカル)」を開きます。「SQL Server(MSSQLSERVER)」の状態が「停止」の場合は、右クリック後に「開始」を選択し、状態が「実行中」になったら正常に起動していることが確認できます(図1)。

SQL Server 2005の起動
図1:SQL Server 2005の起動
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   環境の構築ができたところで、前回紹介した管理ツールの「SQL Server Management Studio」と、開発ツールの「Business Intelligence Development Studio」の利用方法も紹介します。

   それぞれのツールを起動すると、次のような画面が開きます(図2、3)。

SQL Server 2005の起動
図2:SQL Server Management Studio
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Business Intelligence Development Studio
図3:Business Intelligence Development Studio
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   図3をみていただければおわかりになると思いますが、「Business Intelligence Development Studio」はMicrosoft社からリリースされている「Visual Studio」とユーザインターフェースが統一されています。

   これにより、はじめて使う開発者の方への敷居を下げ、より簡単に使うことができるようになっています。

イー・キャッシュ株式会社 プロフェッショナルサービス事業部
数年前、SQL Serverを使用したシステム開発に携わり、データベースについて学ぶ。現在は、イー・キャッシュにて、今までの経験を生かし、RFIDシステム開発の導入提案から設計、開発およびプロジェクトマネージメントまでまで幅広く行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています