PR

SQL Serverのインストールとツールの利用(前編)

2007年7月30日(月)
森崎 千華

インストール


   事前準備ができたら、いよいよSQL Server 2005のインストール開始です。ここでは、インストールの流れと共に、インストールする上での注意点について説明していきます。


インストーラの起動、使用承諾書の確認、前提条件インストール


   インストールを起動し、表示される画面の「インストール」から「サーバーコンポーネント、ツール、Books Online、およびサンプル」をクリックします。

   使用承諾書の内容を確認して「同意する」をチェックして「次へ」、「前提条件のインストール」は「インストール」をそれぞれクリックし、正常に完了したことを確認して「次へ」をクリックします(図1)。

インストールの開始
図1:インストールの開始
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


システム構成チェック


   前提条件がインストールされると「システム構成チェック」が開始されます。終了したらすべて成功したことを確認し、エラーや警告が発生した場合には「レポート」を確認して、原因を取り除いてから再実行してください。


登録情報の入力


   名前と会社名の入力を求められますが省略可能です。また、プロダクトキーはインストール媒体によっては入力済みになっています。


インストールコンポーネントの選択


   各コンポーネントの機能は「第1回:入門者向けにとどまらないSQL Serverの魅力」で解説した通りです。リストから必要なコンポーネントを選択してインストールを行います。

   また、ここですべてを選択してもサンプルデータベースはインストール対象となりません。このため、サンプルデータベースが必要な場合は「詳細設定」から「機能の選択」画面を表示し、「ドキュメント、サンプル、およびサンプルコード」をクリックして「ローカルハードドライブにインストール」を選択してください(図2)。

機能の選択(インストールコンポーネントの選択)
図2:機能の選択(インストールコンポーネントの選択)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


インスタンス名の選択


   例えば、Oracleの初期状態では1つのインスタンスに1つのデータベースが対応づけられています。しかしSQL Serverでは1つのインスタンスに複数のデータベースが対応づけられるため、ハードウェアリソースの消費が抑えられます。また、バックアップはデータベース単位で行うことが可能で、スキーマと表領域の対応などを考慮する必要がなく、容易に管理を行えます。

   インスタンス名には2つの選択肢があります。

   まず「規定のインスタンス」は、1つのサーバに1つのインスタンスが対応づけられます。さらに「名前付きインスタンス」では、複数のインスタンスを対応づけることができます。

   「既定のインスタンス」の場合、クライアントは接続時にインスタンス名の指定は不要であり、サーバ名のみ指定する必要があります。一方「名前付きインスタンス」は、コンピュータのネットワーク名とインストール時に指定したインスタンス名によって識別されるため、接続時にサーバ名とインスタンス名の両方を指定する必要があります。

イー・キャッシュ株式会社 プロフェッショナルサービス事業部
数年前、SQL Serverを使用したシステム開発に携わり、データベースについて学ぶ。現在は、イー・キャッシュにて、今までの経験を生かし、RFIDシステム開発の導入提案から設計、開発およびプロジェクトマネージメントまでまで幅広く行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています