PR

TomcatをLinuxへインストールしよう!(圧縮アーカイブ編)

2007年10月1日(月)
羽倉 敬

環境変数CATALINA_HOMEを設定

環境変数CATALINA_HOMEを設定します。Tomcatはこの情報に基づいて、フォルダへの相対パスで参照されているリソースを見つけます。


# export CATALINA_HOME=/home/TomcatUser/tomcat

ログイン時に自動的に CATALINA_HOME が読み込まれるようにするには、ユーザのホームディレクトリ「.bash_profile」に次の行を追加します。

export CATALINA_HOME=/home/TomcatUser/tomcat

これ以降、Tomcatのインストールディレクトリは「$CATALINA_HOME」と表記します。

Tomcatの起動と終了

Tomcatの起動は$CATALINA_HOME/binディレクトリにある起動スクリプトで行います。$CATALINA_HOMEが正しく設定されていれば次のコマンドでTomcatを起動できます。

# $CATALINA_HOME/bin/startup.sh

動作確認

Webブラウザで「http://localhost:8080/」にアクセスし、Tomcatデフォルトぺージ(図1)が表示されれば、Tomcatが動作しています。

Tomcatデフォルトぺージ
図1:Tomcatデフォルトぺージ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Tomcatの停止

Tomcatの停止は次のコマンドで行います。

# $CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh

次回予告

今回は圧縮ファイルを用いたLinuxへのインストールと動作確認を行いました。次回はパッケージ管理システム(yum)を用いたインストールと自動起動設定について解説します。

Tomcatが使用しているJavaVMを確認するには

現在どのJavaVMが使用されているかはTomcatManagerで確認できます。この機能を利用するには、TomcatManager用のユーザとパスワードが設定されている必要があります。

TomcatにTomcatManager用のユーザとパスワードを設定するには/$CATALINA_HOME/conf/tomcat-users.xmlを編集します。

tomcat-users.xmlに青色の行を追加します。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
  <role rolename="tomcat"/>
  <role rolename="role1"/>
  <role rolename="manager"/>    //追加
  <role rolename="admin"/>      //追加
  <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
  <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
  <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
  <user username="admin" password="任意のパスワード" roles="admin,manager"/>        //追加
</tomcat-users/>

Webブラウザから「http://localhost:8080/manager/status」にアクセスします。

表示されているJVMベンダーが「Sun Microsystems Inc.」、JVMバージョンが「1.5.0_12-b04」などになっていれば、SunのJavaVMが使用されています。

株式会社ビーブレイクシステムズ

千葉大学法経学部卒業。大学時代よりオープンソースに興味を持ち、オープンソース専業ベンダーのビーブレイク システムズに入社。現在に至る。また、現在は社内技術サークルの中心メンバーとして日々提案・啓蒙活動を行う。座右の銘は「自らが求めてつくらなければ、 自身が求めるものはできない」

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています