TOPプロジェクト管理> はじめに




Visual Studio 2005を活用した、テスト駆動開発とソフトウェア品質向上アプローチ
Visual Studio 2005を活用した、テスト駆動開発とソフトウェア品質向上アプローチ

第4回:チーム開発における品質向上策とVisual Studio 2005
著者:日本ユニシス  大木 邦友   2005/12/20
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   本連載ではこれまで、テスト駆動開発において開発者やテスト担当者が行う作業を通じ、いかにしてソフトウェア製品の品質を向上させるか、またその際にVisual Studio 2005(以下、VS2005)Team System(注1)の機能がどのように役立つかということを解説してきました。
※注1: 今回は、VS2005 Team Suite(英語版)のTrial editionを利用しました。

   ところが、実際の開発は複数のメンバーで、かつ様々な役割を持つチームで行われます。

   最終回となる今回は、そのチーム開発における品質向上策として「開発プロセスの品質向上」「プロジェクトの管理」「情報共有」というテーマを取り上げます。もちろん、その中でVS2005 Team Systemの機能がどのように関わってくるのかについても解説します。今回取り上げるテーマでは、VS2005 Team Foundation Server(注2)と、そのクライアントであるTeam Explorerを利用します。

※注2: 今回は、VS2005 Team Foundation Server Beta3 Refreshを利用しました。


開発プロセスの品質向上

   テスト駆動開発とこれまで説明してきた作業や各種のテストは、ソフトウェア製品そのものの品質、特に機能性や保守性を上げるのに寄与します。しかし、これだけで十分でしょうか。

   開発者やテストの担当者が勝手気ままに、自分のやりたいように作業を行っていては、十分な品質確保は難しいでしょう。このような状態では、開発の順序や手順がでたらめだったり、誰がいつ作成/変更したのか、ビルドされたものが最新かどうかわからなかったりといった事態が発生しないとも限りません。

   こういった状況を根本的に解決するため、開発プロセス全体の品質を向上させるというアプローチが必要になります。

   では品質の高い開発プロセスとは、どのようなものでしょう。ISO9001やCMMを思い浮かべた方もいらっしゃることと思います。ただ、これらは容易に取得できるものではありません。

   VS2005 Team Systemは、開発プロセスの品質向上を支援する機能があります。VS2005 Team Foundation Serverは、Microsoft Solutions Framework(以下、MSF)という開発プロセスのガイダンスを提供します。標準では、アジャイルプロセスモデルとCMMIプロセスモデルがあり、どちらもマイクロソフトの社内で実績のあるプロセスモデルです。

   VS2005 Team Foundation Serverで開発プロジェクトを実践する際、これらのプロセスモデルを選択することになります。これによって、図1にあるようなプロセスのガイダンスのほか、そのプロセスモデルにしたがって作業項目や文書のテンプレートが用意されます。

アジャイルプロセスモデルのガイダンス
図1:アジャイルプロセスモデルのガイダンス
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   VS2005 Team Foundation Serverが提供する開発プロセスモデルを選択すると、図2にあるような、そのプロセスでのWork Itemが用意されます。なお、Work Itemについては後ほど解説いたします。

Work Itemの表示
図2:Work Itemの表示
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   MSFで提供されるガイダンスにしたがい、表示されているWork Itemの作業を実施することで、実証済みの品質の高い開発プロセスを実践できます。

   実際の開発では、必ずしも用意されたプロセスをそのまま実践しなくてもいいでしょう。よい部分は利用し、自分たちの状況にあわない部分は変更するなど、柔軟にカスタマイズできることもVS2005 Team Foundation Serverの特徴です。この機能をうまく利用することで「開発プロセスの品質」向上が期待でき、結果として「製品の品質」の向上にもつながります。

1   2  3  4  次のページ


日本ユニシス株式会社 大木 邦友
著者プロフィール
日本ユニシス株式会社  大木 邦友
.NETテクノロジコンサルティング所属
マイクロソフト製品および.NET Frameworkを利用したシステム構築案件の提案支援や、要件定義やアーキテクチャ策定の支援など主な業務とする。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:チーム開発における品質向上策とVisual Studio 2005
はじめに
  開発プロジェクトにおける管理
  成果物の管理
  チーム開発における情報共有
Visual Studio 2005を活用した、テスト駆動開発とソフトウェア品質向上アプローチ
第1回 テストは開発者から利用者の視点へ
第2回 Visual Studio 2005で進めるテスト駆動開発
第3回 Visual Studio 2005 Team Systemで補うテスト駆動開発
第4回 チーム開発における品質向上策とVisual Studio 2005
開発ライフサイクルとVisual Studio 2005という選択肢
第1回 開発ライフサイクルが生むメリット
第2回 アーキテクチャ策定における有効性を探る
第3回 Visual Studio 2005による開発とテスト環境
第4回 チーム開発とVisual Studio 2005 Team Foundation Server
チーム開発ここまできた、個人からチームの生産性向上へ
第1回 Visual Studio 2005によるプロジェクトの進捗管理
第2回 Visual Studio 2005の変更管理の有効性
第3回 成果物の管理とプロジェクトのコミュニケーション向上
第4回 自動ビルドによるプログラムの品質・保守の有効性