PR

クライアント型SOAの設計方法と開発方法

2005年10月3日(月)
吉政 忠志

はじめに

前回ではクライアント型SOAの概念について説明しました。読者の方々から多くのご評価とコメントをいただき、大変ありがたく感じています。またその反響の大きさから、「クライアント型SOA」への期待を改めて認識すると共に、この新しい手法を効果的なソリューションとして様々な方に使っていただきたく、今後もクライアント型SOAの啓蒙活動に尽力いたします。

今回は実践編として、「クライアント型SOAの設計方法と開発方法」の事例を中心に話を進めていきます。すでに通常のSOAの知識・経験がある方はSOAと「クライアント型SOA」を比較しながら本連載を読み進めて下さい。

またSOAに関して深い知識がない方でも、「クライアント型SOA」はサーバとクライアントというシステムを業務に当て込んでいくシステムの形ですので、自身の基幹システムの設計・構築シーンと比較しながら読み進めていただければ、「クライアント型SOA」の特徴と適用ケースがわかるかと思います。

 

クライアント型SOAを実現する「IdbA」

まずは、クライアント型SOAを実現する「IdbA」について簡単に触れてみます。IdbAはクライアント側とサーバ側のアプリケーションを厳密かつ容易にコンポーネント化(カプセレーション)ができます。これによって、C/Sシステムの表現力・操作性とWeb系システムの運用の容易性、そしてRimless Computingならではの情報と機能を融合した柔軟性のあるシステムを構築することができます(図1)。
 

IdbA概念図
図1:IdbA概念図
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

 

IdbAの特長は表1の通りです。
 

  • Javaクラスで実装されたオートコンポーネントの実行環境
  • オートコンポーネントはIdbA上で相互に接続・情報連携が可能
  • オートコンポーネントを送受信することによって情報・機能を送受信することが可能
表1:IdbAの特徴

また、IdbAはクライアント型SOAの実装を効率化すべく、表2の機能強化をはかっています。



SOAPクライアント
接続先のサーバとSOAPでやり取りできるように、SOAPの作成と読み取りができるようになります
簡易版BPML
ビジネスプロセスのモデル化を極力簡易に行うべく、テンプレートでの作成が可能/コンポーネントの簡易作成機能/コンポーネントのつながりの視覚化を実現する簡易版BPMLの機能が使えるようになります
DataMappingツール
異なったシステム間でのデータの整合性を保つべく、データ変換を行います
表2:IdbAの今後の実装機能
吉政創成株式会社 代表取締役

IT業界のマーケティング分野で20年近い経験を持つマーケッター。株式会社トゥービーソフトジャパンをはじめとするベンチャー企業から大手企業まで幅広くマーケティング支援を行う。現在はマーケティングアウトソーシング会社である吉政創成株式会社の代表取締役を務めつつ、PHP技術者認定機構 理事長、Rails技術者認定試験運営委員会 委員長、ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパン 理事長も兼任。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています