TOPシステムトレンド> ソフトウェアメトリックス調査の概要




システム開発における品質・工期・生産性
ソフトウェアメトリックス調査報告〜システム開発における品質・工期・生産性

第1回:ソフトウェアメトリックス調査の組織発足
著者:日本情報システム・ユーザー協会   2005/10/28
1   2  3  次のページ
ソフトウェアメトリックス調査の概要

   まず調査対象となるプロジェクトについて説明する。当調査では、「過去2年以内に開発が完了」「開発コストが500万円以上」「新規または、改修プロジェクト(システム保守プロジェクトやマイナーチェンジの改修プロジェクトは除く)」というプロジェクトを調査対象とした。

   その結果、ユーザ企業を中心に40社、133プロジェクトのデータを収集できた(表1、図1)。件数を見てもわかるように、調査に協力してもらった1企業につき、平均4件の調査表を提出してもらえたこととなる。
業種分類 企業数 プロジェクト件数
A. 建設業 3 7.5% 8 6.0%
B. 製造業 16 40.0% 41 30.8%
C. 電気・ガス・熱供給・水道業 4 10.0% 8 6.0%
D. 情報通信 5 12.5% 28 21.1%
E. 運輸 3 7.5% 9 6.8%
F. 卸売・小売業 1 2.5% 2 1.5%
G. 金融・保険業 5 12.5% 31 23.3%
H. 不動産業 1 2.5% 3 2.3%
I. サービス業 2 5.0% 3 2.3%
合計 40 100.0% 133 100.0%

表1:回答企業業種

回答企業の業種(日本標準産業分類 参照)
図1:回答企業の業種(日本標準産業分類 参照)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  次のページ

書籍紹介
「ユーザー企業 ソフトウェアメトリックス調査2005」

本連載は日本情報システム・ユーザー協会より発刊されている「ユーザー企業 ソフトウェアメトリックス調査2005」をもとに記事を掲載しています。上記調査報告書は、ユーザ企業からの開発における品質・工期・生産性の標準的な値・指標の声を反映した報告書なっています。調査資料のご購入は下記のリンクより行えます。

 ご購入はコチラ
http://www.juas.or.jp/product/swm05.html


「ソフトウェアメトリックス調査2006ご協力のお願い」

今年度も引き続き当調査を実施いたしますが、今年は開発実績データに加えて、保守に関しても調査項目を設け、保守作業を推進していく際の品質・工期・生産性に関する標準値を分析します。

他社と比較できる絶好の機会となりますので、是非、データのご提供に協力を賜りたく、よろしくお願い申しあげます。調査にご協力いただきました企業の方には、分析結果報告書を2006年4月予定で発送させていただきます。調査に関する詳細は下記URLをご参照ください。

システム開発の新規案件対象プロジェクトが無い場合も、システム保守案件について他社と比較出来ますので、是非ご協力下さい。
http://www.juas.or.jp/project/survey/sec/2006/2006.html
社団法人 日本情報システム・ユーザー協会
著者プロフィール
日本情報システム・ユーザー協会
社団法人 日本情報システム・ユーザー協会
ユーザーの立場からの産業情報化の推進を目的とし、大手ユーザー企業を中心に、約250社の会員を擁し、経営とITに関する様々なテーマや、立場に応じた40以上の委員会、研究会、研究プロジェクトを実施し、毎年、各種調査・研究報告書の刊行や、提言を行っている。1962年、日本データ・プロセシング協会として創立、1992年社団法人日本情報システム・ユーザー協会として、全面的に拡充改組。
http://www.juas.or.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:ソフトウェアメトリックス調査の組織発足
ソフトウェアメトリックス調査の概要
  ソフトウェアメトリックス調査組織発足の経緯
  調査の必要性
ソフトウェアメトリックス調査報告〜システム開発における品質・工期・生産性
第1回 ソフトウェアメトリックス調査の組織発足
第2回 品質・コスト・工数の関係
第3回 調査データの分析方法
第4回 ユーザ企業がシステム評価するためのノウハウの蓄積