PR

SMB市場におけるLinuxの導入実態

2006年2月20日(月)
伊嶋 謙二

はじめに

最終回となる今回はSMBにおけるサーバOSの導入実態を見ていく。現在SMBにおいてサーバOSとして最も利用されているのはWindows 2000である。しかし、今回注目するのは、SMBにおける導入率はまだ1桁に留まっている。オープンソースソフトウェアのLinuxである。ノーク・リ サーチの調査結果を基にして、今後SMBにおいてLinuxが採用される可能性を考察していきたい。

SMBが最も選んでいるサーバOSはWindows 2000

ノーク・リサーチの調査結果によると、2005年時点でSMBにおけるサーバOSの種類として最も選ばれているのは「Windows 2000」で42.6%、「Windows NT」(25.5%)、「Windows 2003」(14.6%)と続き、一方「Linux」は6.6%だった。年推移で見ていくと、「Windows NT」が徐々に減少し、逆に「Windows 2000」がシェアを伸ばしたということがわかる。また「Linux」については、年を追うごとに約2%ずつ増加しているといったところである。

サーバOSの種類
図1:サーバOSの種類
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


「Windows NT」は徐々に利用者が減ってきているとはいうものの、いまだに1/4近くのSMBが使い続けているという状況は問題があるだろう。というのも、マイクロソフトのサポートは1年以上前の2004年12月にすでに停止されているからである。

   ここで詳細なデータは割愛するが、NTユーザの大半がサポートが切れているということを認知していた。わかっていながらも使い続ける理由はどこにあるのであろうか。実際に質問したところ、「移行する必要性を感じない」が6割と圧倒的であった。

こういった結果はWindows NTがいわゆる使い慣れた「枯れた」、すぐれたOSである証拠ではあるのだが、2世代前のOSの支持がこれだけ高いのもベンダーとしてどう対応するべきか微妙なところだ。

  • 1
有限会社ノーク・リサーチ

1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどを プラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関す るリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設 立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。
ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

SMB市場におけるLinuxの導入実態 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。