PR

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular 2」リリース

2016年9月19日(月)

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Angular」の最新版、「Angular 2」が9月15日(現地時間)、公開された。

「Angular 2」は、「AngularJS 1」系列の後継となる、Google主導で開発されているJavaScriptアプリケーションフレームワーク。MVC、MVVM、MVPなど、さまざまな設計パターンを扱う「MV*フレームワーク」の一種。Angularは、「MVW(Model-View-Whatever)のフレームワーク」と称している。

「Angular 2」は、Microsoft TypeScriptで開発されたため、TypeScriptが推奨となっている。「Angular CLI」はデフォルトがWebpackとなった。

「Angular 2」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
AngularJS

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック