PR

「BIND 9」SPNEGOの実装に脆弱性、修正版がリリース

2021年2月19日(金)

「BIND 9」のSPNEGO実装にバッファオーバーフローを引き起こす不具合が発見された。GSS-TSIGが有効に設定されている場合、外部からの攻撃が可能になるという。

 対象となるバージョンはBIND 9.5.0以降のすべてのバージョン。この脆弱性は「BIND 9.16.12/9.11.28」で修正されている。なお、ISCではサポートを終了した系列のセキュリティパッチはリリースしないとしている。

 一時的な回避策としては、GSS-TSIGを利用しないように設定を行うことでこの脆弱性を回避できる。また、一部のプラットフォームでは、BINDをビルドする際のconfigureスクリプトのコマンドラインで「–disable-isc-spnego」を指定することで、SPENGOを含まないnamedをビルドすることができる。なお、この場合GSS-APIが使えなくなる可能性がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
CVE-2020-8625

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック