PR

Dockerのツール「Docker Compose 2」の一般提供を開始

2022年5月1日(日)

 Dockerは4月26日(現地時間)、Dockerのツール「Docker Compose 2」の一般提供を開始した。

 「Docker Compose V2」では、GPUマシンのサポートや、選択的なサービスの有効化によって種々の使用法や環境に合わせたComposeアプリケーションモデルの適用が可能になるプロファイルのサポート、docker compose lsおよびdocker compose cpコマンドの追加が行われたほか、クラウド統合によって作成したプロジェクトをAWS、ECS環境、Azure ACI内で直接実行できるようになったほか、Docker CLIからの修正をDocker Composeとより簡単に統合することができるようになるなど、さまざまな機能変更などが施されている。

 また、「Docker Compose V2」の提供開始に伴って、「Docker Desktop 3.4」以降では「Docker Compose V2」がインストールされるようになる。今後は「Docker Compose V1」は非推奨となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る