PR

IIJ、統合運用管理サービスを統合監視ソフトウェア「Zabbix」に対応

2015年11月21日(土)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月17日、複数のシステムを一元的に監視・運用する「IIJ GIO統合運用管理サービス」においてAPIを開発し、オープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」と連携開始したと発表した。

「IIJ GIO統合運用管理サービス」は、IIJのクラウドサービスのほか、ユーザのオンプレミス環境や他社クラウドサービスなど複数の拠点に点在するシステムを、IIJが一元的に監視・運用するサービス。今回、同サービスが提供するAPI機能を利用することで、Zabbixとの連携が可能となった。これにより、ユーザは現状のシステム監視の環境を変更することなく、「IIJ GIO統合運用管理サービス」の監視対象に含めることができるようになる。これによって、複数あるサーバの監視アラートの統合的な運用や、監視アラートのレポートをサービスポータルにて参照できるなど、システム全体の効率的な運用を行えるようになるという。

初期費用は無料、月額料金は19,000円から(税別、運用対象のノード数により変動)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック