PR

SAPジャパン、SAP HANAプラットフォームの最新版「SPS11」を発表

2015年12月11日(金)

SAPジャパンは12月10日、SAP HANAプラットフォームの最新版、「SAP HANA SPS11」を提供開始すると発表した。

SAP HANAは、コアビジネスアプリケーションを稼働させるほか、リアルタイムアプリケーションの構築プラットフォームとしても利用できるプラットフォーム。インメモリデータベース機能のみならず、アプリケーションサービス、高度なデータ処理とデータ統合機能を単一の統合プラットフォーム上で提供し、複雑な企業ITのシンプル化を促進する。

「SAP HANA SPS11」では、新しい高可用性機能と対障害性機能が提供される。新しいホットスタンバイ機能を利用することで、プライマリデータベースから継続ログリプレイによってデータが同期されているスタンバイデータベースへの切り替えを即座に行うことができる。また、データベースダウン時のログとパラメータの分析機能により、障害時点からの復旧を行うことで、データベース復旧時間を短縮化する。また、新たに提供するSAP HANA Voraコネクターによって、Hadoopにおけるデータ分析を大幅に効率化した。その他にも多数の強化が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック