PR

Internet Explorer のサポートポリシーが変更、IPAがバージョンアップを推奨

2015年12月23日(水)

情報処理推進機構は12月15日、MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer」のサポートポリシーが2016年1月12日(米国時間)より変更されることから、一般利用者や組織のシステム担当者らに対し、注意喚起を行った。

2016年1月12日(米国時間)を過ぎると、Microsoftが提供するInternet Explorerのサポート対象が「各Windows OSで利用可能な”最新版のみ”」にポリシー変更される。サポート対象外となるInternet Explorerは、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。

サポートポリシーの変更に伴って、利用者はInternet Explorerが最新版であることが求められる。そのため、Windows Updateの実施により、最新バージョンに更新する必要が生じる。その後バージョンを確認し、表の記載に該当しない場合はMicrosoftの公式ページからサポート継続バージョンのInternet Explorerをインストールする必要が生じる。

Windows OS別のサポートが継続されるバージョンは以下の通り。

○Windows Vista SP2 ⇒ Internet Explorer 9
○Windows 7 SP1 ⇒ Internet Explorer 11
○Windows 8 ⇒ なし(2016年1月12日にサポート終了)
○Windows 8.1 Update ⇒ Internet Explorer 11
○Windows 10 ⇒ Internet Explorer 11
など(Windows Serverについてはアナウンス参照)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス(IPA)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Internet Explorer のサポートポリシーが変更、IPAがバージョンアップを推奨 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。