PR

オープンソースCMS「Drupal 7.50」リリース

2016年7月9日(土)

drupal.orgは7月7日(現地時間)、オープンソースのCMS「Drupal 7.50」をリリースした。

「Drupal」は、当初はBBSシステムとして開発されたシステム。PHPで実装されており、ApacheやIISで動作する。動作にはMySQL、PostgreSQL、MongoDBなどのRDBMSが必要。Drupalはユーザ管理、レイアウトカスタマイズ、ブログ作成システム、フォーラムなどCMSの基本的な機能をカバーしている。

「Drupal 7.50」は、「7.44」からのアップデートリリース。バージョン番号が離れているが、後方互換性は確保されている。同バージョンでは複数のバグ修正・セキュリティフィクスが施されているので、「Drupal 7」系列のユーザにはアップグレードが推奨されている。なお、Drupalの最新系列は「Drupal 8」系列。

「Drupal 7.50」では、バグフィクスのほか、MySQL利用時に絵文字などのUTF-8が利用できるようになるなど、機能向上も図られている。「Drupal 7.50」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック