PR

Microsoft、マルチプラットフォームのコードエディタ「Visual Studio Code 1.3.0」をリリース

2016年7月11日(月)

Microsoftは7月7日、コードエディタ「Visual Studio Code 1.3.0」をリリースした。

「Visual Studio Code」は、Windows、Mac OS X、Linuxに対応したマルチプラットフォームコードエディタ。「Electron」や「TypeScript」で開発されており、豊富な機能と高速性が特徴。Gitサポートも特徴となっており、拡張機能によりサポート言語を拡充することもできる。

「Visual Studio Code 1.3.0」では、インターフェイスの作業ファイルエリアがOPEN EDITORSエリアに変更となったほか、エディター画面を切り替えるタブが新しく追加された。また、検索機能の強化・変更や管理機能の強化など、さまざまな変更が加わっている。

「Visual Studio Code 1.3.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Visual Studio Code
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック