PR

AWS、1GBあたり月額約1円で利用可能なアーカイブストレージを提供開始

2012年8月25日(土)

Amazon Web Services LLCは8月21日、データのアーカイブおよびバックアップ向けのストレージソリューション「Amazon Glacier」を発表した。アクセス頻度は低いものの、将来の参照に備えて、保管し続けることが重要なデータ向けに設計されている。ストレージ利用コストは、月額$0.01/GB(東京リージョンでは$0.012/GB。このほかにリクエスト料金、データ転送料金が必要)。

Amazon Glacierは保存されたアイテムにつき年平均99.999999999%の耐久性を提供するよう設計され、自動的に全データを複数のデータセンターで複製し、継続的にデータ・インテグリティ・チェックを行う。ハードウェアの故障やデータの破損が発見された際には冗長データを使用して自動修復を行う。Amazon Glacierにアップロードされたデータは、ユーザーに追加の作業を強いることなく、データが必要とされる限り安全に保管されるという。

Amazon Glacierにデータを保存するには、まずボールト(vault)と呼ばれるものを作成。ボールトは、Glacierにアップロードしたアーカイブを整理するために使用する。1つのAWSアカウントで1リージョンあたり最大で1000ボールト作成する事ができる。ボールトを作成すれば、あとはシンプルにデータをアップロードすることができる。各アーカイブは最大で40TBのデータを保存可能。アップロードの高速化のために、マルチパートアップロードを行うこともできる。データはAES-256で暗号化され、変更不可能な形式で安全に保存される。


Amazon Web Services
http://aws.amazon.com/jp/

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る