PR

日立、フラッシュ媒体を活用した高速なデータ処理を実現するストレージソリューションの製品展開を強化

2012年8月28日(火)

日立製作所は8月24日、フラッシュ媒体のさらなる活用を可能とし高速なデータ処理を実現するストレージソリューションの製品展開を段階的に強化すると発表した。その第一弾として、企業の大規模システムやデータセンターなどでの利用に適した高信頼、高性能なエンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」(以下、VSP)に、SSD(ソリッドステートドライブ)を活用しデータ処理を高速化する「Flash acceleration(フラッシュアクセラレーション)」を追加し、全世界で提供を開始した。

「Flash acceleration」は、「VSP」のコントローラを、SSDを活用したデータ処理に適した形に強化するソフトウェア。「Flash acceleration」を利用することで、SSDを利用した「VSP」において、現行機と比べ約3倍となる100万IOPS以上のデータ読み込み速度を実現するという。「Flash acceleration」は、既に導入されている「VSP」に追加し利用することも可能。

日立は、「VSP」にてアクセス頻度の高いデータをSSDに、アクセス頻度の低いデータをHDDに自動で保存できるストレージ階層仮想化機能「Hitachi Dynamic Tiering」を実現するなど、グローバルに展開する先進的な顧客企業などの要望をもとに、フラッシュ媒体の効率的な利用を実現する先進技術の開発、製品展開を積極的に進めている。業務のさらなる迅速化などへの要望の高まりを受け、先進技術によってフラッシュ媒体を利用し高速なデータ処理を実現するストレージソリューションの製品展開を段階的に強化する。

従来、処理性能を拡張するためにはプロセッサなどのハードウェアを別途追加する必要があったが、「Flash acceleration」の利用により、ハードウェアを新たに追加することなく、省電力、省スペースにデータ処理性能を強化することができる。これにより、ハードウェアを別途追加する場合と比べ、ストレージシステムのTCOを最大約30%低減することができるという。


日立のストレージソリューション
http://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/index.html

ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/08/0824.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック