PR

vSphere環境でのサーバサイドフラッシュの利用 -vFRC-

2014年3月25日(火)
山口 麗美
 vFlash Read Cache(vFRC)は、VMware環境に特化したリードキャッシュの仕組みを提供します。具体的にはサーバ内蔵のフラッシュデバイスを、仮想ハードディスク(vmdkファイル)のリードキャッシュとして利用可能になります。そしてvFRCを利用することで、仮想ディスクの読み込み速度の向上、仮想ハードディスクファイルが配置されたストレージ負荷の軽減という2つの大きなメリットを得ることができます。
 

vFRCとは?

 
 vFRCは、以下のような環境に利用すると特に効果的です。
 
  • 読み込みの多いアプリケーションを仮想マシン上で稼働させる場合
  • vmdkを配置したストレージの大きな読み込み負荷を軽減したい場合
  • vmdkファイルを配置するストレージの性能よりも、サーバ搭載のフラッシュデバイスの性能を有効活用したい場合
 
 ESXiホストは、ローカルに搭載したフラッシュデバイス上にvFlash File System(VFFS)を作成します。VFFSは、仮想マシンへのキャッシュアクセスを提供するディスクリソースとして使用されます。ストレージ搭載のフラッシュメモリを使用する場合と比較すると、よりアプリケーションに近いところでキャッシュの利用ができるので、低レイテンシーでの応答が実現します。また、ストレージ上の読み込みI/Oアクセスを減らし、書き込みインスタンスにリソースを配分することで、結果としてストレージ性能を向上することができます。
 
 VFFSの利用は仮想ハードディスク毎に設定可能ですので、ある仮想マシンの特定のハードディスクのみリードキャッシュを使用することもできます。例えばDB用途の仮想マシンの、データアクセスの多い仮想ハードディスクのパフォーマンス向上に注力することも可能です。
vFRCの導入手順はとてもシンプルです。各ESXiホストにVFFSを定義し、仮想マシン側でvFRCの利用値を設定することですぐに使用できます。
 
図1 vFRCアーキテクチャー
図1 vFRCアーキテクチャー
 
 構築する場合の考慮点は3つあります。
 
 まずVFFSは、VMFS領域とは別にESXiホストに認識される点です。通常のデータストアとしてのマウントがされないため、仮想マシンを配置することはできません。
 
 次にVFFSはホスト間でのシェアがされない点です。そのため、vMotionする場合に注意が必要です。デフォルトでは移行先のESXiホストにてVFFSが利用可能な場合、リードキャッシュごとvMotionする仕様となっています。よって、リードキャッシュデータの継続利用が可能です。ただし、通常のvMotionと比較すると、vFRCのコピーによる移行時の時間と負荷は多くなります。キャッシュをvMotionしない設定に変更した場合、キャッシュを再作成する必要があります。
 
 最後にDRS によるバランス修正対象にvFRCが含まれない点です。vFRCのリードキャッシュの負荷のアンバランスは考慮されません。
 
 以上の3点について押さえておけば、vFRCのメリットを活かした運用ができます。
 
株式会社ネットワールド
株式会社ネットワールドで仮想環境・クラウド環境製品を2年間にわたって担当。
講師を務めるハンズオンセミナーの直前は、「人」を手のひらに3回書くことだけは忘れない。
緊張とじめじめした暑さが大の苦手。
趣味は旅行と体を動かすこと。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています