PR

富士通コンピュータテクノロジーズ、組込みソフト向けモデル駆動開発ツールを提供開始

2012年11月3日(土)

富士通コンピュータテクノロジーズは11月1日、既存の資産やUMLモデリングなどの技術を生かして、簡単に始められる新しいモデル駆動開発ツール「BricRobo」の提供を開始した。有料ライセンス(1ライセンス1名)は、17,850円(税込)。非商用利用には、機能制限ありの無料ライセンスも提供される。

BricRoboは、世界中で広く使われているUMLモデリングツールEnterprise Architect(EA)で書かれたモデルからソースコードを生成することができる。EAはUMLのほか、データフロー図(DFD)・構造図(SD)・SysMLなど、様々なモデルが記述できる。様々なモデルが混在するEAのファイルから、BricRoboモデルを抽出してソースコードを生成する。これにより、BricRoboモデルの要求・仕様を他のモデルで表現しながら開発が進められるので、仕様・設計とツールに入力するモデルとの乖離がなくなり、モデル駆動開発本来の利点を更に引き出すことができる。

BricRoboが生成するコードはC/C++言語をサポートする。動作に必要なランタイム環境は非常に小さく、省リソースのRTOSでも動作する。さらに、OSが載らない8ビットマイコンでも動作可能。

また、既存コードをリファクタリングして部品の中に閉じ込め、再利用を可能とする。プログラミング経験が少ない開発者でも、容易に部品を組合せたり、入れ替えたりできる。一度に全てをBricRoboに移行する必要はなく、部分的に適用可能。


BricRobo
http://jp.fujitsu.com/group/fct/services/bricrobo/

ニュースリリース
http://jp.fujitsu.com/group/fct/release/2012/1101.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック