PR

富士通、Hadoopとの連携を実現したCOBOL「NetCOBOL V10.5」を販売開始

2012年12月7日(金)

富士通は12月5日、COBOLバッチアプリケーションをApache Hadoopで並列分散処理し、バッチ処理時間を大幅に短縮する機能を追加したCOBOL開発・運用ソフトウェア「NetCOBOL V10.5」を販売開始した。

「NetCOBOL V10.5」は、Hadoopとの連携を実現した、COBOL開発・運用ソフトウェア。「NetCOBOL」で開発したバッチアプリケーションや他社のCOBOLで開発されたバッチアプリケーションを、再コンパイルによりHadoopで並列分散処理できるため、既存のCOBOLデータやアプリケーションに手を加えることなく、バッチ処理時間を大幅に短縮することができる。

例えば、128GBのデータを16多重で集計した場合、従来のバッチ処理に比べ、Apache Hadoopベースの当社製品「Interstage Big Data Parallel Processing Server」との組み合せで、バッチ処理時間を約18分の1に短縮したという。本製品とApache Hadoopとの組み合わせだけでも約3分の1に短縮した。

同社のパブリッククラウドサービス「FGCP/S5」、およびアマゾンウェブサービスの「Amazon Elastic Compute Cloud」、「Amazon Elastic MapReduce」上で本製品の動作を確認済みで、各クラウド基盤上にインストールして利用することもできる。


富士通
http://jp.fujitsu.com/

ニュースリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/12/5-1.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック