PR

富士通、UNIXサーバ「SPARC M10」がJavaアプリケーションで世界最高性能を達成

2013年7月25日(木)

富士通は7月23日、同社の提供するUNIXサーバ「SPARC M10(スパーク エムテン)」の最上位モデル「SPARC M10-4S」が、Javaアプリケーションのベンチマークテストである「SPECjbb2013(SPEC Java Business Benchmark 2013)」で世界最高性能記録(2013年7月23日現在)となる毎秒16万8127回の処理を達成したと発表した。

SPECjbb2013は、Javaアプリケーションが稼働するサーバの性能を評価するために業界で標準的に使用される、SPEC(Standard Performance Evaluation Corporation)で開発されたベンチマーク。このベンチマーク計測モデルは、受注・配送・入出金処理・在庫管理など、実際の業務に則した処理から構成されている。レスポンス時間に制約のない測定環境の「max-jOPS」と、レスポンス時間が制約され、実際の業務要件により近い環境の「critical-jOPS」という2つの指標で構成される。

今回の測定は富士通が開発したプロセッサ「SPARC64 X」を16CPUおよび4CPU搭載した「SPARC M10-4S」で行った。16CPU構成による「critical-jOPS」および「max-jOPS」の測定では、いずれも世界最高性能を達成し、特にレスポンス性能を示す「critical-jOPS」の測定結果(毎秒16万8127回)は、2位の記録を約7倍以上も上回る値となる。

また、4CPU構成でも両指標で同CPUレンジの製品を上回る性能を達成。「critical-jOPS」の測定結果(毎秒5万562回)は、同クラスの製品と比べて2倍以上も優れた性能値となるという。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

富士通、UNIXサーバ「SPARC M10」がJavaアプリケーションで世界最高性能を達成 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。