PR

さくらインターネット 石狩データセンター

2011年12月7日(水)
柏木 恵子

さくらインターネットは学生ベンチャーのレンタルサーバー事業者として1996年に京都府舞鶴市で創業し、ホスティング、ハウジング、クラウドと、事業を拡大してきた。都市型データセンターの事業者というイメージが強いが、2011年11月15日に北海道石狩市に郊外型のデータセンターを開設。IaaS型パブリッククラウド「さくらのクラウド」のインフラとして使用される他、DR(災害対策)として利用したいとの引き合いもあるとか。とかく高いと言われる「日本のITコストを世界標準へ」というキーワードを掲げて、先進的な取り組みをしている。

さくらインターネット「石狩データセンター」の概要

石狩データセンターの敷地面積は全体で51,448m²。そこに全部で8棟の建物を建てる予定だが、第一期工事として2棟のみ完成している。1棟の延べ床面積は7,091m²で、収容ラック数は最大500ラックである(8棟で最大4000ラック)。1棟をABCDFの5つのゾーン(各100ラック)に分割、それぞれ異なる電源設備を入れることができる。つまり、Aゾーンは交流電源、Bゾーン直流電源といったことが可能で、これは他のデータセンターにはない特長。現状では200ラックが設置済みで、需要が増えるにつれて増設していく。このため、初期投資が低く抑えられ、運用コストも最小限で済む。

[写真1]石狩データセンターの外観。幅約37m、長さ約165m、高さ約13.5mの平たい建物。(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真2]石狩データセンターの航空写真。広い土地を確保し、需要に応じて拡張していくモジュール型の設計。
(写真をクリックすると拡大表示します)

3.11震災後の原発事故の影響で、省電力の必要性については企業・個人を問わず痛感していると思うが、CO2排出量削減要求やそもそも日本は電気代が高いなど、データセンターの省電力は従来から課題だった。各事業者がさまざまに工夫を凝らしているところだが、石狩データセンターは日本では珍しい外気冷却を採用している。その結果、PUEは1.1に近いところまで達成している。

◆◇◆◇ 【キーワード 1】PUE(Power Usage Effectiveness:電力使用効率) ◆◇◆◇

データセンターのエネルギー効率を表す指標で、データセンター全体の消費電力量をサーバーなどのIT機器で使用している電力量で割った値。サーバーなどで使用する電力と同量の電力を空調などに使っていればPUE値は2.0。IT機器の電気しか使っていないのであれば1.0だが、空調以外にも照明や監視システムなどが必要なので、1.0という数値になることはない。日本のデータセンターは都市型が多いため2.0を超えている所が大多数。米国で先進的な取り組みをしている郊外型大規模データセンターで1.1という数値が出ているが、石狩データセンターはそれに近い値となる。

外気を利用した空調が特長、データセンターの内部

建物は2階建て。サーバーがあるのは2階部分で、電気設備などは1階にある。冷たい(取材日には雪が降ったので、0〜3℃程度と思われる)外気を取り入れ、サーバーからの排熱と混合して20℃程度にした空気をサーバー室に送る。

[概念図]データセンター断面のイメージ図
(写真をクリックすると拡大表示します)

2階

[写真3]部屋の壁面に設置したファンで冷気を室内に送る区画。
(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真4]サーバーラックの前面に向けて、天井のスリットから冷気を送る区画。
(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真5]サーバー背面はふたをして(キャッピング)、排熱は上部につないだダクト(銀色の四角い筒、概念図ではピンク色で表示)を通して天井裏へ。排熱が室内の空気と混ざらないようにする「アイルキャッピング」が、データセンターでは常識。
(写真をクリックすると拡大表示します)

1階

[写真6]1階の電気室に設置された、夏場の外気冷却が使えない時間帯に稼働する冷凍機。
(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真7]冷水を循環させて冷風を作る水冷方式。
(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真8]外気取り入れチャンバーの最も外側の部分。左側が明るいのは、そこがもう屋外だから。
(写真をクリックすると拡大表示します)

[写真9]チャンバーの建物側壁面には、虫やほこり、余計な湿気を防ぐためにフィルターが設置されている。
(写真をクリックすると拡大表示します)

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています