PR

Build 2013レポートとWindows Azureの2013上半期アップデートを総復習!

2013年7月19日(金)
作原 英輔

マイクロソフトのクラウドプラットフォーム『Windows Azure』のサポートサービス
『cloud.config』を提供する株式会社FIXER(以下、FIXERと表記)は、サンフランシスコで開催されたカンファレンス《Build 2013》に参加しました。Windows Azureへの注目が大きかったカンファレンスの発表内容をメインに、2013年上半期のWindows Azureアップデートの内容をご紹介します。

4月、ユーザーへの間口を広げたアップデート

優れたコンテンツをより早く、効率的に世界に発信したいという、加速するビジネスニーズに対応するために、Windows Azureは日々、機能を強化させています。

特に、4月17日以降はさまざまな面で改良を加えています。

4月17日に発表された内容

  • 「Windows Azure 仮想マシン」の正式リリース
  • メモリ集中型インスタンスの提供開始(4コア/28GB、8コア/56GB)
  • 「Windows Azure 仮想マシン」および「クラウドサービス」の値下げ
  • MSDNや認定パートナープログラムに50時間のメモリ集中型インスタンス使用特典

「Windows Azure 仮想マシン」が正式公開(GA:General Availability)となったことにより、SLA(Service Level Agreement)が99.95%の月間稼動率を保証することになりました。Linux系OSも高いSLAで提供できるようになったことで、安心して既存システムをそのままWindows Azure 上に展開することができるようになりました。

6月、ユーザーメリットがますます拡大

6月3日、マイクロソフトは《TechEd》でも、Windows Azureがより使いやすくなるサービスを発表しました。

  • MSDNの製品群がクラウドでも利用可能に
  • 各々の製品の制限時間から全体費用の制限に変更し、価格の値下げを実現
  • 開発/テスト利用に限定

MSDNの製品がクラウドでも利用できることで、作業効率は格段にアップします。また、今までは仮想マシンが起動していても停止していても、Windows Azure上に仮想マシンが存在するだけで課金が発生していたため、課金を停止するためには仮想マシンのイメージを削除する必要がありました。しかし、料金体系の見直しにより、仮想マシン(インスタンス)をシャットダウンすれば課金されなくなりました。さらに、課金が時間単位から分単位に変更されたことにより、利便性が増し、コスト抑制も可能となりました。

このアップデートに伴い、FIXERが提供するサービス『cloud.config』においても分単位の課金を実施することとなり、よりエラスティックな運用が可能となりました。

※詳細について知りたい方は、FIXERまでご連絡ください。

《Build 2013》にて華々しく発表された「Windows Azure WEB サイト」と「Windows Azure モバイルサービス」の正式リリース

サンフランシスコにおいて、今年、6月26日から28日かけて、マイクロソフト主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス《Build 2013》が開催されました。

Windows Azureの最新情報を最速でキャッチアップするため、FIXER代表取締役 松岡清一も参加しました。

《build2013》会場の様子より(クリックで拡大)

《Build 2013》では、「Windows 8.1 プレビュー」、「Windows Azure WEBサイト」および「Windows Azureモバイルサービス」の正式リリースなど、マイクロソフトの底力を見せつける重大発表が目白押しでした。

さらに、Windows Azureにおいては、「オートスケール機能」「モニタリングおよび監視機能の強化」「Active Directory機能強化」等、機能面でも多様な改良点の発表がありました。

株式会社FIXER クラウドインテグレーション事業部 部長

Webシステム開発会社に入社後、大手コンビニエンスストアのホームページシステムのインフラ運用を担当。その後、大手証券会社のオンライン取引システム構築プロジェクトのインフラチームに参画。豊富な実績を経て、多数のプロジェクトを掛け持ちするプロジェクトマネージャーとなる。新規のシステム構築提案を行っていく中で、従来のオンプレミスだけではなく、クラウド提案の必要性を実感し、株式会社FIXERに入社。現在、今までのシステム構築のノウハウを携え、クラウドプラットフォームWindows Azureのエキスパートとして縦横無尽に活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています