PR

日本IBM、アプリケーションのリリースを自動化・効率化するソフトウェアを発表

2013年9月4日(水)

日本IBMは9月3日、アプリケーションのリリース(配布)を自動化し、高い品質のビジネスアプリケーションの開発ライフサイクルの高速化、効率化を支援するソフトウェア製品群「IBM UrbanCode(アーバンコード)」ファミリーを発表した。

「IBM UrbanCode」ファミリーは、2013年4月に買収、統合を完了したUrbanCode社のARA(アプリケーション・リリース・オートメーション)ソフトウェア製品群を、IBMのラインアップとして提供を開始するもの。

「IBM UrbanCode」ファミリーのライセンス使用価格は、「IBM UrbanCode Deploy」が3,274円から(税込、管理対象サーバーの1プロセッサー・バリュー・ユニットあたり)、「IBM UrbanCode Release」が545,790円から(税込、1ユーザーあたり)からで、9月6日よりIBMならびにIBMパートナー経由で提供する。

「IBM UrbanCode」ファミリーは、アプリケーションのリリース・プロセスの自動化で手作業によるエラーを防ぎ、リリース作業の監査対応を強化する「IBM UrbanCode Deploy」と、複数アプリケーションや様々な環境へのアプリケーション・リリースの計画・実行・実績を包括的に管理する「IBM UrbanCode Release」で構成される。UrbanCodeテクノロジーが持つ、ドラッグ&ドロップ操作の容易なリリースのプロセス定義、あらかじめ設定された基準を満たすアプリケーションのみを次のプロセスに進める品質ゲート機能、細かいレベルのセキュリティー設定、誰がどこで何を行ったのかというリリース作業の証跡保持、複数のアプリケーションや様々な環境へのリリースの計画・実行・実績を包括的に管理するなどの特長は、そのまま提供される。

そして新たに、クラウドやモバイルといった変化の早いビジネス環境への対応や、テスト自動化製品との連携を強化している。まず、IBMのクラウドやモバイルの基盤となる製品と連携できる。統合型システム「IBM PureSystems」ファミリー、オープン・クラウド基盤ソフトウェア「IBM SmarterCloud Orchestrator」、MEAP(モバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム)ソフトウェア「IBM Worklight」と連携し、クラウドやモバイル向けのアプリケーションの自動リリースをサポートする。また、オープンソースのシステム統合フレームワークである「Chef」をサポートしている。クラウド環境向けに必要とされるサーバーやアプリケーションを自動的に構築および調整するために定義された「Chef」のレシピを呼び出して環境を構築し、その上にアプリケーションを自動でリリースすることができる。さらに、IBMのテスト製品との連携を強化する。テスト管理・実行ソフトウェア「IBM Rational Quality Manager」、仮想テスト環境「IBM Rational Test Virtualization Server」と連携し、アプリケーションのリリース・プロセスの中にテストを組み込むことができる。リリース自動化の範囲を広げることで、短いサイクルでの頻繁なアプリケーションの開発、テスト、リリースへの対応を可能にする。


Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る