PR

レッドハット、PaaSソフトウェア製品「OpenShift Enterprise 2.1」を国内で提供開始

2014年7月18日(金)

レッドハットは7月16日、オンプレミスで利用できる最新のPaaS(Platform as a Service)のソフトウェア製品、「OpenShift Enterprise 2.1」の提供開始を発表した。

OpenShift Enterprise 2.1では開発(Development)と運用(Operation)の共同作業による開発手法「DevOps」を支援する機能拡張により、ビジネスアプリケーションを迅速な開発と展開を可能にする。レッドハットは、オンプレミスのPaaS「OpenShift Enterprise」、パブリックのPaaS「OpenShift Online」、オープンソースプロジェクトの「OpenShift Origin」を含めて製品ファミリーとしてPaaSソリューションを提供する。

OpenShift Enterpriseは、顧客のクラウドベースのアプリケーション基盤への要求に対応するためのイノベーションを提供することに注力してきた。OpenShift Enterprise 2.1は開発プラットフォームに必要な機能を迅速に提供することでPaaSのイノベーションを推進し、エンタープライズクラスのPaaSに開発者が期待する安定した高信頼の開発基盤を提供する。

OpenShift Enterprise 2.1では、統計情報やログの管理、新しいバージョンのプログラミング言語、アプリケーションの可用性の向上、新しいプラグインインタフェースなどの機能を提供し、既存の運用ポリシーをPaaSプラットフォームに統合し、社内のグループによる共同作業を可能にするとともに、アプリケーション共通の問題修正の自動化を支援する。このようなPaaSプラットフォームの機能により開発と運用を緊密に相互連携させることによりDevOps環境を実現する。

OpenShift Enterprise 2.1が提供する主な新機能は以下の通り。

  • MySQL 5.5, Python 3.3、PHP 5.4、MongoDB 2.4などの新しいカートリッジ
  • オペレーティングシステム、アプリケーションサービスからの性能指標の取得、アプリケーションログの取得
  • 物理的に離れたデータセンター間でのアプリケーション配置を可能にする「ゾーン」の概念による柔軟性の向上
  • プラグインインタフェースによるデータセンターの自動化ポリシーの統合による、各種規制、ITILなどへの対応
  • OpenShiftのユーザー管理とLDAPによるユーザー/グループ管理の統合
  • watchmanデーモンによるアプリケーションの共通の問題修正の自動化

これらのOpenShift Enterpriseプラットフォームの新機能はRed Hat JBoss Middlewareによるエンタープライズのアプリケーション基盤を提供し、自動的な処理能力の拡張によるスケーラビリティを提供する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック