PR

Red Hat、Mobile Application Platformを発表

2015年7月3日(金)

Red Hat,Inc.(以下、Red Hat)は6月30日、2014年10月に買収したFeedHenryの技術をRed HatのJBoss MiddlewareやOpenShift PaaSポートフォリオといった製品と組み合わせ、新たなモバイルサービスを加えたRed Hat Mobile Application Platformを発表した。このプラットフォームは、モバイル中心のワークロードを既存のITインフラに統合させ、複雑さを解消してモバイル開発と開発サイクルの機動性を高めることを可能とする完全な技術群を企業に提供するもの。

Red Hat Mobile Application Platformは、フロントエンドのアプリケーション開発者、バックエンドのIT統合、DevOpsチームといった開発チーム間の協力を可能にすることで、モバイルソリューションの開発、統合、配備、管理の簡易化、高速化をサポートする。Red Hatはさらに、開発者向けにパブリッククラウドにおいてアプリケーション開発およびホスト環境であるOpenShift Onlineを提供することも発表した。来年には、OpenShift Enterpriseを介し、Red Hat Mobile Application Platformの実稼動環境でのフルサポートが予定されている。

Red Hat Mobile Application Platformは、セキュリティ、バックエンドシステムへの再利用可能な接続、そして協働的かつ迅速なアプリケーション開発といったモバイル機能を提供する。非常に複雑で高度なアプリケーションをモバイル機器に展開するに当たり、Red Hatは次世代のPaaS機能の決め手となるのは、豊富なミドルウェアサービスであると考えている。Mobile Application PlatformをOpenShiftに持ち込むに当たって、Red Hatはそのための布石を敷き、Red Hat xPaaSのサービスビジョンをさらに推し進めることを目指している。

さらに、Red Hatはそのオープンソースの精神に背くことなく、Red Hat がオープンソース化したFeedHenryのモバイルアプリ開発プラットフォーム技術等の最先端のオープンソースモバイル技術を開発する、同社の名を掲げたオープンソースのアップストリームのプロジェクトの設立を支援することも発表した。このコミュニティは来年設立される予定。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています