PR

アシスト、エンタープライズデータベース「Postgres Plus Advanced Server 9.3」の各種支援サービスを提供開始

2013年12月10日(火)

アシストは12月5日、世界で1,000社以上で利用されているデータベース製品「Postgres Plus Advanced Server」(開発元:EnterpriseDB Corporation/エンタープライズDB)の新バージョン9.3に対応した各種支援サービスの提供を開始した。

アシストでは、コスト削減などを目的とした商用RDBMSとオープンソースRDBMSの適材適所での使い分けや商用RDBMSからの移行、また、運用管理に優れたオープンソースRDBMSを求める顧客企業からのニーズに応えて、2011年10月より、性能、可用性、信頼性に優れたオープンソースRDBMSである「PostgreSQL」をベースとし、エンタープライズで必要なRDBMS機能や運用管理ツール、ユーティリティが充実したサブスクリプション・ライセンスの「Postgres Plus Advanced Server」を提供している。

2013年11月19日に発表された「Postgres Plus Advanced Server 9.3」は、 同年9月にPostgreSQL Global Development Groupがリリースした、DWH機能とミッションクリティカル・システム向けの信頼性が強化された「PostgreSQL 9.3」をベースに開発されている。「Postgres Plus Advanced Server 9.3」では数百~数千の大規模なパーティショニングされたテーブルの性能改善がなされ、参照(SELECT)テストでは 前バージョンのPostgres Plus Advanced Server 9.2 と比較し性能が75倍に、また1,000パーティションにまたがる100万行のデータ投入(INSERT)テストでは400パーセントの性能改善が確認されている。さらに「Postgres Plus Advanced Server」の管理機能で新バージョンとなる「Postgres Enterprise Manager 4.0」では、カスタマイズ可能な監視ダッシュボードが実装され、複数の PostgreSQL、Postgres Plus のデータベース環境を簡単に運用監視することができるようになった。

アシストは、この「Postgres Plus Advanced Server 9.3」を活用しミッションクリティカル・システムへの導入を支援する「パーティション設計サービス」と、「Postgres Plus Advanced Server 9.3」への移行により同製品の機能をフルに活用できるよう支援する「データベース移行支援サービス」の提供を開始するとともに、今後も 「Postgres Plus Advanced Server 9.3」の技術を活用するためのサービス拡充を図っていく。

◆パーティション設計サービス

検索性能、データ・メンテナンスの効率化を目的にパーティショニングを実装する。本サービスでは各種パーティショニング設計、データ移行、運用に関する支援を行う。

支援項目
・パーティショニングオブジェクトの選定
・パーティショニング手法、キーの選定
・パーティショニングオブジェクトへのデータ移行
・パーティショニングオブジェクトの運用設計

◆データベース移行支援サービス

商用RDBMSおよびPostgreSQLからPostgres Plus Advanced Serverへの移行に関する計画策定および移行作業を実施する。本サービスでは移行計画の検討、利用機能の選定、アプリケーション移行、データ移行の支援を行う。

支援項目
・既存環境の把握、移行要件の確認
・機能特性の説明、利用機能の選定
・RDBMS非互換情報の提示、アプリケーション移行方法のレクチャー
・移行計画の策定
・データベース移行(リハーサル/本番)


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています