PR

マクニカ、IoT開発ソリューションを受注開始

2015年1月14日(水)

マクニカは1月8日、かねてより発表していた米国子会社Macnica Americas, Inc.と開発したIoT開発ソリューション「Mpression Odyssey(エムプレション オデッセイ) MAX 10 Eval Kit」を1月13日より正式に受注を開始し、2月上旬より順次出荷開始することを発表した。

「Mpression Odyssey MAX 10 FPGA Eval Kit」(型式:ODYSSEY-MAX 10-KIT)は、アルテラ社のMAX 10 FPGAを搭載し、アナログ入力、デジタル入出力、電源で構成される30ピンの外部ピンヘッダをもつFPGAボードと、ブロードコム社のWICED SMARTモジュールやシリコンラボ社のEFM32 MCUおよび温湿度センサ、UV/照度/近接センサ、アナログ・デバイセズ社の加速度センサ等を搭載したBluetooth SMARTセンサボード、コイン電池ホルダを搭載する電池ホルダボードにより構成され、iPhoneおよびAndroidに対応する「Mpression Odyssey スマートフォン・アプリ」を使用して、Bluetooth SMART 経由で FPGAデザインと接続し、制御することが可能なFPGAベースのIoT機器開発キット。

マクニカは、本キットをマクニカグループ総合技術ブランドMpression (エムプレッション) 製品として、日本国内では関連会社であるアルティマ、エルセナにて2015年1月13日より受注を開始し、2月上旬以降順次出荷を開始する。また、製品が入荷次第マクニカオンラインストアからも購入することができる。海外では、北米・中国・台湾・ASEAN 諸国でマクニカグループ各海外子会社より販売予定。

  • 受注開始:2015年1月13日(アルティマおよびエルセナにて)
  • 出荷開始:2015年2月上旬以降順次
  • 販売価格:9,600円(正式価格)

今回の受注開始を記念して、数量限定でキャンペーン価格にて販売する。受注開始キャンペーン価格は5,480円(数量限定)。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています