PR

サイオス、キーポート・ソリューションズを買収し、業種別ソリューションと製品技術・サービス開発を強化

2015年4月21日(火)

サイオステクノロジー(以下、サイオス)とキーポート・ソリューションズ(以下、KPS)は4月15日、サイオスがKPSの発行済株式の90.51%を取得し、KPSがサイオスのグループ会社となることに合意したと発表した。

サイオスおよびサイオスグループ各社がこれまで培ってきたオープンソースソフトウェア、クラウドコンピューティング関連の最先端技術開発力と、KPSの金融業界を中心とするシステム・アプリケーション開発の高い技術力・実績を結集して、新製品・既存製品の開発とコンサルティング、サービス提供を強化し、相互の顧客へのサービス拡充、新規顧客の獲得に繋げることを目指す。

サイオスは、1997年のテンアートニとしての創業以来、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸に、OS(基本ソフトウェア)、サーバー、Webアプリケーション、クラウドコンピューティング、ビッグデータに関わるソフトウェア製品とサービスの提供を行ってきており、今年度は機械学習技術を活用した新製品の発売を計画している。

KPSは創業時より証券業界を始めとする金融業界全般に対して、多重処理や拡張性に優れたオブジェクト技術をベースとしたシステム・アプリケーション開発を提供して多くの実績を積み上げている。近年では、ヘルスケア、不動産領域等の特定の成長産業において、デザイン、開発、運用、保守まで一貫したICTサービスを提供している。

今回のサイオスによるKPSの買収では、サイオスが強みを持つオープンソース関連の知識・技術基盤とKPSの強みである業種別ソリューション、およびこれを支えるITエンジニアの高い技術力が相互連携することで、業種毎に親和性の高い新製品・サービス等をタイムリーに創造することを目指す。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています