PR

DataFormの編集と新規データの追加

2010年8月24日(火)
PROJECT KySS

DataFormに表示されたデータを編集や新規追加保存する

今回紹介するのは、MyDocumentsフォルダ内のXMLデータを読み込んでDataFormに表示し、データの修正、新規データの追加を可能にするサンプルです。SL4_DataForm_Add_Editプロジェクトの、sampleDataフォルダ内にあるpersonalInfo_ID_sex_2.xmlファイルをC:\ユーザー¥ユーザー名\MyDocuments(マイドキュメント)フォルダ内にコピーしておいてください。personalInfo_ID_sex_2.xmlの構造はリスト1のようになっています。

リスト1: C:\ユーザー¥ユーザー名\MyDocuments(マイドキュメント)フォルダ内に置くpersonalInfo_ID_sex_2.xmlの構造

実装する機能の動作は次の通りです。

「ID、氏名、年齢、性別、住所、勤務先」のデータを編集して[編集保存]のボタンをクリックすると、編集した内容が保存されます(図1)。ツールバーのアイコン[+]をクリックすると、新規データの追加が可能になります。「ID」は必須、「年齢」には0~120の値を入力できるよう設定しています。不正な値の場合はエラーが表示されます(図2)。データを入力し[追加保存]ボタンをクリックすると、新規データが追加保存されます(図3)。ツールバーの[-]アイコンをクリックすると、現在表示されているデータの削除確認メッセージが表示され、[OK]を選択するとデータが削除されます(図4)。

データの新規追加アイコン[+]をクリックして、データを追加すると、削除アイコン[-]が使用不可になる時があります。削除アイコンを使用可能にするには、DataForm内の適当な入力ボックスにフォーカスを移し、ナビゲーションアイコンでデータの遷移を実行すると削除アイコンの使用が可能になります。

図1: データを修正保存した

図2: データの新規追加で年齢に不正な値が入力された

図3: 新規データが追加保存された

図4: 削除確認のメッセージが表示され、[OK]ボタンをクリックすると該当するデータが削除された(クリックで拡大)

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

コントロールのレイアウトと、Trustedモードの設定

前回までのサンプル作成時と同様の手順で、新規Silverlight 4プロジェクト(プロジェクト名は「SL4_DataForm_Add_Edit」)を作成し、プロジェクト依存関係も設定しておきます。また、XMLデータはLINQ to XMLで処理するため、「プロジェクト(P) > 参照の追加(F)」からSystem.Xml.Linqを追加しておきます。

MyDocuments内に置くXMLファイルは、ダウンロードしたファイルのsampleDataフォルダ内に収録しています。

UserControlのプロパティ内の[レイアウト]を展開して、Widthに800、Heightに600を指定します。次にツールボックスからTextBlockコントロールをレイアウトし、「すべてのSilverlightコントロール」内にあるDataFormコントロールをレイアウトします。Buttonコントロールも2個レイアウトし、Contentプロパティを設定しておきます。

DataFormの[共通]プロパティ内のHeaderに「個人情報」と指定します。次に、[可視性]を展開して表示される、CommandButtonsVisibilityに「Add,Delete,Navigation」と指定します(図5)。Commitを追加すると、データの編集や新規追加時にデフォルトの[OK]、[キャンセル]ボタンが表示されますが、今回は手動でボタンをレイアウトしますので、Commitは追加しません。

図5: CommandButtonsVisivilityに「Add,Delete,Navigation」と指定する

DataFormコントロールに「個人情報」というタイトルと、ツールバーが表示されます。ツールバーにはナビゲーションアイコンと新規作成[+]アイコン、削除[-]アイコンが追加されています(図6)。

図6: DataFormコントロールにツールバーが表示された

このサンプルは信頼されたTrustedモードのブラウザ外実行で動作させます。VS 2010のメニューから「プロジェクト(P) > SL4_DataForm_Add_Editプロパティ(P)」を選択し、「アプリケーションのブラウザ外実行を有効にする(B)」にチェックを付けます。さらに、[ブラウザ外実行の設定(S)]をクリックして表示される「ブラウザ外実行の設定」画面で、「ブラウザ外での実行時に昇格された信頼を要求する(E)」にチェックを付けます。

詳しい設定の手順および、デバッグの手順については、本連載第4回の記事を参照してください。

書き出されたXAMLを編集する前に、今回はComboBox内に表示する「性別」を定義するクラスを作成し、このクラスをXAMLコード内で参照する必要があるため、ロジックコードの作成から解説します。

  • 1

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています