PR

プライベートクラウド運用の課題と対策

2011年2月17日(木)
志茂 吉建

前回は、プライベートクラウドを構築する上で設計フェーズでは以下の3つのステップを踏むことをお話ししました。

  • インフラ設計
  • 運用設計
  • サービス設計

今回は、実際の事例を交えプライベートクラウドの運用をリモートで支援するサービスをご紹介します。

プライベートクラウド運用の課題と対策

筆者の所属する伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)では、昨年、グループ会社の保守・運用部門情報系サーバーのプライベートクラウドを構築しました。インフラ設計はサイジングなどを行い、運用設計はITILやVMwareと共同作成したフレームワークなどを活用。サービス設計では仮想マシン標準構成を確立し、新規仮想マシン作成ポータルなども作り込みました。こうして設計フェーズから、インフラ導入、運用へと順調へステップアップしていきました。

インフラ導入については比較的スムーズにいったものの、運用に関してCTCではエンドユーザーへ24時間365日の保守運用サービスを提供しているため、プライベートクラウド内のサーバー運用も当然24時間365日体制で行う必要があります。CTCはSIerなので、社内にはプライベートクラウド技術に長けたエンジニアは何人もいますが、実際に24時間365日のサポート体制を構築するとなると、そう簡単なことではありません。

そこで、運用負荷の増大と運用品質の向上という難しい課題に対しCTCが選択したのは「RePlavail」(リプラベイル)の導入でした。「RePlavail」は複雑になったプライベートクラウドを最適なプロセスとコストで運用し、運用品質も一段とレベルアップさせるリモート運用サービスです。

図1:プライベートクラウドを最適化する「RePlavail」

図1:プライベートクラウドを最適化する「RePlavail」

次ページから、RePlavailについて解説していきます。

株式会社未来科学応用研究所

1996年にシーティーシー・テクノロジー株式会社に入社。プラットフォーム、ストレージ、ミドルウェア関連のサポートやプロフェッショナルサービスに従事。2007年下半期から、VMware仮想化関連のサービス開発やコンサルティングなどを担当。2011年に仮想化関連書籍などを共同執筆。2013年4月から株式会社未来科学応用研究所を設立し、仮想化/OSSコンサルタントとして活動中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています